昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

子と孫は殺され、実父は自らが追放…NHK大河ドラマでは省略されてしまう北条政子のすさまじい人生

source : 提携メディア

genre : ライフ, 歴史

鎌倉幕府初代将軍・源頼朝の妻・北条政子とは、どんな人物だったのか。歴史評論家の香原斗志さんは「頼朝亡き後、事実上の最高権力者として幕政をつかさどった。子供や孫が次々と非業の死を遂げる悲惨な目にあいながらも、くじけず幕府を率いた強い女性といえる」という――。

北条政子像〈菊池容斎画〉(図版=PD-Japan/Wikimedia Commons)

猛女・北条政子の悲劇的な私生活の中身

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のなかで、小池栄子が演じる北条政子の存在感がますます高まっている。建久10年(1199)に夫の源頼朝が急死し、頼朝とのあいだに生まれた嫡男の頼家が家督を継ぐと、出家して尼御台とよばれるようになったが、むしろ彼女の本領は尼になってから発揮される。

頼朝という核が失われた鎌倉幕府で、若い頼家とベテランの御家人たちとのあいだに軋轢が生じたとき、いちばん重いのは政子の言葉だった。これから先も、源氏の血筋が絶えたのちには尼将軍とよばれ、鎌倉幕府が編纂(へんさん)した歴史書『吾妻鏡』も、それからは政子を「鎌倉殿」として扱っている。

実際、日本史、それも政治史の表舞台に登場する数少ない女性であり、日本史上における猛女とはだれかと問われれば、多くの人が政子の名を挙げるのではないだろうか。そんな強い女性を、小池は強い目力を生かして好演している。

しかし、ひとたび彼女の私生活に目を移すと、表舞台での華々しさと裏腹に、あまりに悲惨である。いや、表舞台の立場が大きくなりすぎたがゆえに、幕府のさまざまな工作や、血で血を洗う御家人たちの闘争の矢面にも立つことになり、次々と悲惨な状況を呼び込むことになった、という言い方もできるかもしれない。

20歳を迎えずに2人の娘は病死した

7月までの放送のなかで、政子はすでに2人の娘を失っている。最初は長女の大姫である。

彼女は木曽義仲の嫡男で、事実上、鎌倉に人質にとられていた義高の許嫁(いいなづけ)だったが、義仲滅亡後、義高は殺される。すると大姫は強い精神的な衝撃を受け、その後はずっと病気がちになってしまう。それでも、将軍家の権威を高めたい頼朝は、大姫を後鳥羽天皇の后(きさき)にするという工作に乗り出すのだが、結局、建久8年(1197)7月に、20歳を迎えることなく病死してしまう。

z