昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

タダで商品をもらって「5つ星」のやらせレビューを投稿…アマゾンで「フェイク評価」を書く人たちの動機

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 社会, 商品, 働き方, ライフスタイル

アマゾンに「5つ星」の評価を投稿するなら、商品を無料で提供する。そんな悪質なやらせ業者が後を絶たない。やらせ業者に協力する人たちは、なにが動機なのか。ジャーナリストの横田増生さんは「私が話を聞いた人は、タダでもらった商品をメルカリやヤフオクなどで転売していた。『月10万円は稼げます』と自慢する人もいた」という――。(第2回/全2回)

※本稿は、横田増生『潜入ルポ アマゾン帝国の闇』(小学館新書)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/PictureLake ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/PictureLake

「扇風機、懐中電灯、傘、水着、犬のおもちゃ…」

「僕が今まで、アマゾンから0円で仕入れた商品ですか?」

そう言って、上原浩介(26)=仮名は、自慢げに語りはじめた。

「財布にTシャツ、靴、コンピュータのマウス、コンピュータのキーボード、イヤホン、扇風機、懐中電灯、傘、水着、犬のおもちゃ、赤ちゃん用のトレーニングパッド……。そのなかで一番値段が高かった商品は、ドライブレコーダーで8999円でした。全部の点数では、30点前後ですかね。転売目的で手に入れた商品です」

上原の話を聞いたのは、大阪市内にあるホテルの中にあり、自然光がよく入ってくる天窓の高い、洒落たレストランだった。

法律にも引っかかりそうな話をあっけらかんとした態度で話す彼に、私は違和感を抱いていた。また、1時間の取材の間、彼は終始、スマホをいじり、メールやLINEのやり取りをつづけており、その態度を不思議な気持ちで眺めていた。

転売ヤーが利用するアマゾンの「0円仕入れ」

上原は、アマゾンに5つ星のレビューを書くことを条件に、商品をタダで手に入れることを《0円仕入れ》と呼んでいた。いわゆる、フェイクレビューである。それを《0円仕入れ》と言い換えるのなら、まともな商売のようにも聞こえるのだが、やっていることは詐欺まがいの行為である。そうした私の当惑に関係なく、上原は話を得々とつづける。

「はじめたのは、4、5カ月前のことですかね。友人からアマゾンで《0円仕入れ》っていうのがあるよって聞いて、ネットで検索してみたんです。フェイスブックにいくつものグループがあって、そこで出品者がレビューしてほしい商品を掲示しているんです。僕は10グループほどに登録しました。

z