文春オンライン

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 社会, 働き方

周りとか関係ないと思えば思うほど、気になってしまって。もう、心が折れそうです。

よみがえる「追い出し部屋」の記憶

やる気満々だった白木さんを苦しめている“まなざし”──。

それは、社会に根深く刷り込まれた「50歳過ぎたら用無し」と言わんばかりの空気感だ。

追い出し部屋──。陰湿さとやるせなさが漂うその“部屋”の存在が、大々的に報じられたことを覚えているだろうか。

今から10年前の2012年の年の瀬。大手全国紙に、当時赤字にあえいでいたパナソニックグループの中に「従業員たちが『追い出し部屋』と呼ぶ部署がある」という文言で始まる記事が掲載された。

当時の私のメモによれば、「100台ほどの古い机とパソコンが並ぶがらんとした室内に、様々な部署から正社員113人が集められ、退職強要とも受け止められる“業務”を課せられている」といった、企業の卑劣なやり方が、その記事には記されていた。

希望・早期退職の名を借りた「リストラ」

会社側は、「新たな技能を身につけてもらい、新しい担当に再配置するための部署。会社として退職を強要するものではない」(広報グループ)と説明したものの、集められた社員の中には、「希望退職するか異動を受け入れるか」の二者択一で配属されたケースもあった。

似たような部署は、ソニーグループ、NECグループ、朝日生命保険などにもあり、「企業開拓チーム」という名目の下、自分自身が社外での自分の出向先を見つけることを「業務内容」としている会社もあったという。

この報道は新年早々話題となり、社会問題に発展。大手電気メーカーや上場企業が、希望・早期退職の名を借りた「リストラ」に踏み切り、募集人数も爆増しているとして社会に衝撃が走り、連日メディアに取り上げられることとなった。

企業批判がいつしか「働かないおじさん」批判に

あの頃の社会にはまだ、企業の卑劣なやり方を戒める空気があった。会社に尽くした社員に、なんてひどいことをするんだ! と。