昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

北条義時がやったライバル和田義盛へのエグすぎる仕打ち、激しい殺人合戦にさらし首…大河ドラマでは描きづらい歴史

source : 提携メディア

genre : エンタメ, 歴史, テレビ・ラジオ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主人公、北条義時とはどんな人物なのか。歴史評論家の香原斗志さんは「権力を脅かす存在は、かつての主君・源頼朝の遺児やライバルでも躊躇なく手に掛ける、いまでいえば殺人鬼のような男だ。ドラマで描かれているような心優しき武将ではない」という――。

冷酷非道さでは源頼朝に劣らない北条時政・義時親子

日本史上で人気のない大物のひとりに源頼朝がいる。身内だろうと忠臣だろうと容赦なく滅ぼしていく冷酷非道な支配者というイメージが強いからだ。事実、放映中のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」でも、大泉洋がそんな姿を好演しただけに、頼朝に目を背ける向きは多かったという。

小栗旬氏。富士通のスマートフォン「arrows」シリーズ新商品、新CM発表会。東京都港区(写真=時事通信フォト)

そんな頼朝にくらべると、血で血を洗う政争が収まらないなかで、苦悩を重ねる主人公の北条義時や、義時の父でみずからの決断力には欠け、若い女房の尻に敷かれてばかりの北条時政への好感度が、相対的に増しているようだ。

しかし、史実のうえでは、冷酷非道という点でこの北条父子は、頼朝に負けずとも劣らない。むろん、先手を打って相手をつぶさなければ自分がつぶされてしまうという状況が、鎌倉にはあった。だから、頼朝は非道を完遂したのであり、北条父子もそのことを頼朝に学んだものと思われる。

とはいえ、これから大河ドラマで時政と義時が行うことは、もしストレートに描きでもすれば、ドラマがあまりにも重苦しくなりすぎてしまう、と心配になるほど凄惨なのである。

北条時政による暴走

そんな北条時政像は、8月14日に放映された第31話「諦めの悪い男」からはじまった。2代将軍頼家が病に倒れ、助かる見込みがないと思われているなかで、頼家の乳父で後見人の比企能員(ひきよしかず)は、頼家に嫁がせた娘の若狭局が生んだ一幡(いちまん)、すなわち能員の孫への家督継承を推し進めた。

しかし、そうされては今後、北条が出る幕はなくなってしまう。そこで時政は比企能員を自分の屋敷に呼び出し、切り殺してしまう。それを知った比企一族は、一幡の小御所に立てこもるが、政子の同意を得た北条方の大軍が小御所を襲って、比企氏を一族もろとも滅ぼしてしまった。

z