昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

史上最大級の翼竜は大きすぎて飛べなかった…知れば切なくなる、ざんねんな"よわい恐竜"たちの真実

source : 提携メディア

genre : ライフ, 歴史, 教育

「大きい」「強い」「怖い」というイメージがある恐竜や古生物。しかし研究者たちによる化石分析で、そんな彼らもさまざまな病気やケガに悩んでいたことがわかってきた。サイエンスライターの土屋健さんの著書『ほんとうは“よわい恐竜”じてん それでも、けんめいに生きた古生物』(KADOKAWA)から一部を紹介する――。

イラストレーション=ACTOW(徳川 広和・山本 彩乃) ティラノサウルスの1億年弱先輩にあたるグアンロン(土屋健『ほんとうは“よわい恐竜”じてん それでも、けんめいに生きた古生物』より) - イラストレーション=ACTOW(徳川 広和・山本 彩乃)

巨大植物食恐竜の「足跡」で溺れ死んだグアンロン

グアンロンはあの大きくて恐ろしいことで有名なティラノサウルスの仲間で、1億年弱の先輩になります。でもティラノサウルスのような大きな恐竜ではありません。もっとも大きい個体でも、全長3.5メートルほどしかありませんでした。

小さいからと言って、「弱い」わけではありません。口には鋭い歯が並んでいました。むしろ、軽量な分、素早い。そんな狩りができたはず。

でも小さいことで不幸だったことがありました。

グアンロンが生きていた地域には、全長20メートルを超える巨大な植物食恐竜がいました。体重数十トンのその巨大恐竜は、足跡も大きく、深いものでした。あるグアンロンにとって運が悪かったのは、その足跡に、まわりから流れこんだ水と火山灰や砂や泥が詰まっていたことです。

ある日、不運なグアンロンが、火山灰や砂や泥が詰まった足跡に気づかずに足を踏み入れてしまいました。あるいは、飛びこそうとして失敗したか。それとも迂回(うかい)しようとして足をすべらせたか。

いずれにしろ、深さ1~2メートルの足跡に詰まった砂と泥は、まるで底無し沼のように、グアンロンをとらえてしまいます。もがくほど、グアンロンは沈んでいく。そして、やがて息絶えてしまう。そんな化石が発見されているのです。

海で繁栄したが「潜水病」に悩んだプレシオサウルス類

恐竜時代の海で繁栄した「プレシオサウルス類」は、日本では、「クビナガリュウ類」とも呼ばれているグループです。たくさんの海棲爬虫(はちゅう)類がこのグループに分類されています。文字通り、首が長い種類もいれば、あまり長くない種類も、首が短い種類もいました。大きな種類のサイズは、全長10メートル近くにもなり、サカナをはじめとして、多くの動物を狩っていたとみられています。

z