昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

うつ病発症の追手門学院元職員に労災認定 研修で連日「あなたのように腐ったミカンを置いておくわけにはいかない」

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

 学校法人追手門学院(大阪府)の元職員の50代男性がうつ病を発症したのは、職員研修で「腐ったミカン」と人格を否定されたことなどによる強い心理的負荷が原因として、茨木労働基準監督署が労災認定していたことが29日、分かった。

 代理人弁護士などによると、男性は2016年8月、同法人の指示を受け、コンサルタント会社「ブレインアカデミー」(東京都)のキャリア研修を5日間受講したが、講師から「あなたのように腐ったミカンを置いておくわけにはいかない」などと連日言われた。研修後、同法人理事長らと複数回面談し、退職を求められた。男性は17年2月にうつ病と診断された。

 労基署は「退職勧奨とも人格否定ともいえる発言」と認定した上で、同法人側も講師の発言を許容しており、「意向に沿ったもの」と判断。雇用継続を求める男性への退職強要があったと認めた。労災認定は今年3月25日付。

 男性ら研修受講者3人は20年8月、同法人や同社などに計約2200万円の損害賠償などを求める訴訟を大阪地裁に起こした。同法人側は答弁書で、「業務改善が目的」と説明している。

 追手門学院の話 個別の回答は差し控える。

 ブレインアカデミーの話 個別案件に関するコメントは控える。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z