昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「5000万円の家を追い出されたうえ、計3600万円仕送り」無職49歳長男に貯蓄と家を奪われた老父の絶望

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

現在76歳の元自営業者の男性には、貯蓄3000万円と評価額5000万円の家という財産があったが、ほぼすべてを失った。原因は49歳の無職長男。中学時代から暴力癖があり15年前には親を自宅から追い出して、月20万円の仕送りをさせた。家を担保に借金し、賃貸暮らしをする男性の収入は年金だけ。要介護3の74歳の妻や、ネット通販工場でバイトする47歳の長女を抱え絶体絶命の危機にファイナンシャルプランナーが伝えたアドバイスとは――。

写真=iStock.com/Robin Beckham ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Robin Beckham

15年前から自宅を長男が占拠 妻の介護で肉体的に限界

関東地方のある都市に住む小林浩平さん(仮名・79)は、長年、長男(49)の暴力に悩まされ続けてきた。高校を中退して以降、働いたことがない長男は、15年くらい前から自宅(戸建て)を占拠して、ひとりで暮らしている。

自宅にはゴミが堆積するなど、近所でもゴミ屋敷ではないかと噂されるようになってきている。自宅を占拠される前から続く長男からの金の無心によって、山本家の貯蓄は底を突きかけている状態だ。

そのような中で、追い打ちをかけるように浩平さんの妻(74)の要介護状態が重くなった。今までは自宅で介護をしてきたが、最近、要介護3と診断され、自宅での介護は限界に近付いている。実は小林さんは、私の知人の友人である。長男の暴力と妻の介護で疲れ果てている小林さんのことを知人が心配し、その知人を介してお会いすることになった。

[家族構成]
小林浩平さん(仮名・76歳)
妻(74歳)要介護3
長男(49歳)15年前から自宅を占拠
長女(47歳)同居
次男(40歳)結婚して、別に世帯を持つ


[収入と資産の状況]

 

 

 

 

 

働かない長男が暴れ、父母と長女は逃げ出した

 

 

 

 

 

小林家は夫婦で商店を営み、暮らし向きは豊かといえないまでも、子供たちが幼い頃は、それなりに安定した生活を送っていた。そんな小林家の問題は、高校を中退してから一度も働いたことがない長男のことだ。

長男は幼い頃から、かんしゃく持ちの子供だった。気に食わないことがあると、その場を動かなくなり、機嫌を取るのも一苦労だった。中学生の頃からは、長男にとって気に障ることが起こるたび、父や母に暴力を振るってきた。学校でも問題行動をたびたび起こし、小林夫婦は学校に呼び出される機会も少なくなかったという。

z