昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元アイドル田中聖被告 “異例”の保釈劇 「薬物治療」条件だった 裁判官メンツ潰され”厳刑”必至か

source : 提携メディア

genre : ニュース

 

薬物事件で執行猶予付きの有罪判決を受けた直後に、再び、覚せい剤事件で逮捕・起訴された元アイドルの田中聖被告(36)。舌の根の乾かぬうちの”犯行”に、保釈請求は却下されるとみられていたが、なんと、先月25日、保釈が認められたのだ。その後の取材で、「薬物治療のための入院」を条件とした、”異例”の保釈許可だったことが分かった。

無言で、深々と頭を下げた元アイドル

元アイドルの田中聖被告(36)は、今月2日正午ごろ、勾留されていた千葉県警柏署から、およそ2カ月ぶりに保釈された。黒いスーツに黒いネクタイの田中被告は、無言で、深々と頭を下げたが、謝罪の言葉はなく、そのまま迎えの車に乗り込んだ。

 
無言で頭を下げる田中被告(2日 千葉県警柏署)

田中被告は、6月29日、千葉県柏市の柏駅で覚醒剤を所持していたところを現行犯逮捕された。パトロール中の警察官に対して、目をそらすなど不審な態度をとったことから、職務質問を受け、所持品検査の結果、覚醒剤が見つかったという。

さらに、尿鑑定の結果、覚醒剤の陽性反応が出たため、覚醒剤使用の疑いで再逮捕された。千葉地検松戸支部は、7月29日までに、田中被告を、覚醒剤所持・使用の罪で起訴していた。柏市内には、田中被告の実家があるという。

薬物事件で判決9日後に ”また”逮捕

捜査段階では、千葉県警柏署の調べに対して、田中被告は、「自分で使うために持っていた」などと事実関係を認めていた他、覚醒剤を使っていた動機については、「将来の不安を紛らわせるためだった」などと話していたとされる。

千葉県警に逮捕され、送検される田中聖被告。うつろな表情だった。(7月1日 柏署)

田中被告をめぐっては、今年1月、名古屋市内のホテルで覚醒剤を所持した他、翌2月に、別のホテルで覚せい剤を使用、危険ドラッグを所持した罪で起訴。6月20日、名古屋地裁で、懲役1年8カ月・執行猶予3年の判決を受けたばかりだった。

法廷で「二度とこんなことがないよう、自分を見つめ直す」と更生を誓った田中被告だったが、判決からわずか9日後に、また薬物事件で逮捕されたことになる。まさに「舌の根の乾かぬうち」の犯行。さすがに、千葉地裁松戸支部は、保釈を認めないだろうとみられていた。

z