昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ベネチア映画祭出品、深田監督ら公式会見「映画は異文化への窓」審査結果は日本時間11日に発表

source : 提携メディア

genre : ニュース

 【ベネチア時事】イタリアで開催中の第79回ベネチア国際映画祭で5日、コンペティション部門に「LOVE LIFE」を出品した深田晃司監督が記者会見し、「映画は異文化への窓で、多様性の入り口。日本の文化を知ってもらえる重要な役割を映画祭は果たしている」と語った。

 シンガー・ソングライター矢野顕子さんの同名曲を基にした今作は、再婚した夫や息子と暮らす主人公の女性が、ある悲劇を機に愛や人生を見詰め直す物語。深田監督は「『人間は誰しも孤独を抱えて生きている』というのが毎回描きたいモチーフ」と説明した。

 会見には主演の木村文乃さん、砂田アトムさんも同席。2人は韓国手話で会話を交わす元夫婦を演じ、木村さんは「手話は目と目を合わせて表情で対話をする一つの言語と感じた」と振り返った。

 自身もろう者である砂田さんは「『ろう者はかわいそう』という描き方が一切されていないことに感動した。この作品でろう者の生活様式や文化を知ってもらえたら」と手話を使い笑顔で語った。

 コンペの審査結果は最終日の10日(日本時間11日)に発表される。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z