昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《静岡3歳女児バス置き去り》園職員「クラスに千奈ちゃんがいないと認識していた」登園管理アプリには“登園”の情報

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

認定こども園「川崎幼稚園」で開かれた保護者向けの説明会に参加する保護者ら=7日午前、静岡県牧之原市

 静岡県牧之原市の認定こども園「川崎幼稚園」で、園児の河本千奈ちゃん(3)が通園バスの中に約5時間取り残されて死亡した事件で、園職員が事件当日の日中、クラスに千奈ちゃんがいないと認識していたことが7日分かった。

 5日朝に千奈ちゃんがバスに乗ったことは、同乗していた派遣職員の70代女性が確認しており、園児らの登園管理アプリにも「登園」との情報が入力されていた。県警は送迎時の出欠確認の状況などについて詳しく調べている。

 園は7日午前、保護者向けの説明会を開いた。市によると、園側から、理事長の70代男性が辞任する意向であるとの説明があったという。

 子どもが年長クラスという男性は「幼稚園が今後どうなっていくのか聞きたい」と不安げな表情を浮かべ、足早に園へ向かった。

 別の女性は、園に以前通っていた長女が本来の降車地より先の地点まで通園バスに乗せられていたことがあるといい、「乗っていることに気付かなかったと(園から)言われ、バスを利用するのをやめた」と話した。現在、園に通う長男は自分で送迎しているという。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z