昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

迷惑な質問「無人島にCD1枚だけ持って行くとしたら」に対するホフディランからのアンサー

2022/09/09

source : 提携メディア

genre : エンタメ, テレビ・ラジオ, 音楽, 娯楽

 

2022年9月14日、通算10枚目のアルバム『Island CD』をCDでリリースするホフディラン。そのメンバーである小宮山雄飛は、ミュージシャンだからこそよく聞かれるとある質問に憤っているという。

そう、それは……
「無人島にCD1枚だけ持って行くとしたら、どのアルバム?」
という問いだ。

この質問がなぜ「POPな感じでめちゃ土足で踏み込んできているようなもの」なのか。さらに、この質問から解放される究極のアンサーとは──。

この記事の写真を見る(全4枚)

「島」の意外な定義からわかったこと

ホフディランのニューアルバムのコンセプトは、ずばり「Island(アイランド)=島」です。日本人にとってアイランドって響きは、ハワイとか南国の楽園のような、とにかく楽しげな島のイメージですよね、チャゲさん的な。

ナツ・ナツ・ナツ・ナツ・ココナツ
アイ・アイ・アイ・アイ・アイランド

これ、冷静に活字にしてみると、ヒップホップのスクラッチ文化を先取りしてましたね。言葉の頭だけ、レコードをスクラッチしてるような歌詞です。

ファルコの「ロック・ミー・アマデウス」やファットボーイ・スリムの「ロッカフェラー・スカンク」にも近いですね。

レコードをこする文化も、サンプラーも普及していない時代に、人力で
ナツナツナツナツ
アイアイアイアイ
と、リフレインしていたのですね!

[MV] ふたりの愛ランド / 石川優子とチャゲ

日本のHIPHOPチャゲ元祖説。
えっと、いきなり話がそれてしまいました……。

島の話です。
そもそも島ってどういう定義なんでしょうか。明確に〇〇島と名乗っているのは、もちろん島だと思うのですが、たとえば四国そのものとか、九州や北海道とかは島なんでしょうか?

アメリカとかアフリカとかは、さすがに大陸と呼ばれているから陸なんでしょうが、どこからが陸で、どこまでが島なのか!?

ということでWikiってみたら、意外な事実がわかりました。

オーストラリアより面積が小さいやつは、全部島である。

z