昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ロシアの会社の回し者」「野良犬」などと日常的に暴言 ウクライナ人女性が元上司をパワハラ提訴

source : 提携メディア

genre : ニュース

記者会見するウクライナ人女性(右)=9日午前、奈良市

 物資輸送会社「アカギヘリコプター」(東京都江東区)の契約社員だったウクライナ人女性(27)が、在職中に上司からのパワハラを受けうつ状態になったとして、同社を相手取り、約550万円の損害賠償を求める訴訟を9日、奈良地裁に起こした。

 訴状などによると、女性は奈良市内の事業所の契約社員だった2020年1月ごろから、上司の男性に「ロシアの会社の回し者」「野良犬」と言われるなど、日常的に暴言を吐かれた。

 今年2月のウクライナ侵攻後、女性がロシアとの取引業務を避けたいと申し出たのに対し、「仕事を選ぶ人間」と非難するメールを同年4月に他の社員に送られた。侵攻についても「ウクライナも悪い」と言われた。

 女性は1月以降、同社に上司の配置転換などの措置を求めたが実現されずパワハラは続き、うつ状態と診断された。その後、事業縮小を理由に8月以降の雇用契約を打ち切られたという。

 女性は記者会見で「あの日の言葉は何年たっても忘れられない。会社がもう少し対応してくれると期待したが、そうではなかった」と話した。

 アカギヘリコプターの話 弁護士に対応を任せており、コメントできない。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事

z