昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

NHK大河ドラマですべては描かれない…3代将軍・源実朝を殺害した犯人のヤバすぎる動機

source : 提携メディア

genre : ライフ, 歴史, テレビ・ラジオ

鎌倉幕府3代将軍・源実朝は、1219年に甥の公暁に殺害される。歴史学者の濱田浩一郎さんは「2代将軍・頼家の子である公暁は、実朝と北条氏によって父が殺され、恨みを募らせていた。その仇を討ち、あわよくば自分も将軍になろうとしたのだろう」という――。

源実朝(画像=八島岳亭/CC-PD-Mark/Wikimedia Commons)

温厚で優しい源実朝はもうじき死んでしまう

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第34回「理想の結婚」(9月4日放送)から、成人となった源実朝が登場した。演じるのは、俳優の柿澤勇人さんである。

鎌倉幕府の2代将軍・源頼家(演・金子大地さん)は、粗野で、御家人の妻を奪い取るなど荒々しい行動が目立ち、最後には鎌倉を追放され、伊豆修善寺で北条の手の者により暗殺される。

一方、その弟・実朝は、兄とは正反対で、おとなしく、気品がある感じに描かれている。頼家が「動」なら、実朝は「静」といった感じであろうか。

今回のドラマにおいては、御家人たちから武芸の稽古をつけられていたが、全く歯が立たず、文弱な印象を残したが、今後、実朝がどのように、3代目の鎌倉殿として成長していくかが楽しみである。和田義盛をはじめとする有力御家人との猪鍋をつつきながらの交流も今回、見どころであった。

義盛は、実朝が将軍として在職している建暦3年(1213)に、北条氏により討たれてしまう(和田合戦)。

実朝と義盛たちとの和気藹々としたシーンが描かれれば描かれるだけ、義盛討ち死にの悲劇性は高まるであろう。さらに、そんな実朝自身も、残念ながら亡くなる時がやって来るのだ。それも畳の上での死ではなく、暗殺という悲劇によって。温厚で優しい実朝が死ぬ時、「実朝ロス」は起こるであろうか。

歴史学者が考える実朝殺害事件の黒幕

幕府の3代将軍・実朝が鎌倉の鶴岡八幡宮で殺害されたのは、建保7年1月27日(1219年2月13日)の夜ことであった。享年28。

実朝を殺害したのは、鶴岡八幡宮寺別当の公暁。2代将軍・頼家の子であり、実朝(頼家の弟)とは甥・叔父の関係にあたる。

z