昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「僕はもうセックスのことで責められなくていいんだと」妻の彼氏と同居、離婚…セックスレスだった元夫婦が語る、「その後」の生活

『夫公認彼氏ができました セックスレスにとことん向き合った夫婦の13年レポ』#2

 結婚1年目でセックスレスとなったわかぴょんさん(49)とみかさん(42)。「性」のズレに対して真剣に悩み、とことん向き合った末に選んだのは「妻が夫公認の彼氏を作る」ことだった。妻に彼氏がいる状況で、2人はその後6年の夫婦生活を維持した末に「離婚」に踏み切った。

 そんな夫婦の初めから終わりまでをすべて描いたのが『夫公認彼氏ができました セックスレスにとことん向き合った夫婦の13年レポ』(KADOKAWA)。

 今回は同書の原作者であるわかぴょんさんとみかさんに、離婚を決断した理由や家族の反応などについて、話を聞いた。

◆◆◆

セックスレスに13年間向き合った末、離婚へ

――今年お2人は離婚をされました。離婚してから関係性に変化はありましたか。

わかぴょん 特に変わらないよね。みかとの関係は死ぬまでずっと続くと思っているし、離婚してもその気持ちは変わらない。

 離婚した理由もみかとの関係が悪くなったとかそういうことではなくて。みかと夫婦として試行錯誤しながら生きてきた中で、もう妻・夫という肩書きがなくても、ずっと家族としていられるという気持ちが出てきたんです。

わかぴょんさんとみかさん ©深野未季/文藝春秋

みか 「夫公認彼氏がいる妻」という肩書きを卒業しようと思いました。もう役目は果たしたと。わかぴょんとは肩書きがあってもなくても、関係性は変わらないと思って。

 それに私たち夫婦は「離婚」をそんなに重いことと捉えていないです。離婚したら家族関係は終了みたいな気持ちはなくて、次の新しい章へ突入するような感覚で。わかぴょんはこれからも私の人生の中にずっと登場すると思っています。実際に離婚届を出した時も、気持ちとしての変化は何もなかったです。

 今でもなんだかんだ週に5日くらいは会っているよね。子どもたちは私の家とわかぴょんの家を行き来するし、たまにみんなで外食に行ったりする。

――ちなみに現在はみかさんにパートナーがいらっしゃるんでしょうか?