昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

劇作家、演出家の宮沢章夫さん65歳で死去 早稲田大教授、小説で受賞などの活躍も

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, 芸能

宮沢章夫さん

 劇作家、演出家の宮沢章夫(みやざわ・あきお)さんが12日午後1時12分、うっ血性心不全のため東京都目黒区の病院で死去した。65歳だった。静岡県出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻千景(ちかげ)さん。

 1985年に竹中直人さんらと作ったコントユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」で作・演出を担当。90年、演劇ユニット「遊園地再生事業団」を結成し、93年「ヒネミ」で岸田國士戯曲賞を受賞した。日常会話のずれを巧みに描く群像劇を発表し、平田オリザさん、岩松了さんらと「静かな演劇」の旗手として注目を集めた。

 作家としても活躍し、小説「サーチエンジン・システムクラッシュ」や、伊藤整文学賞を受賞した「時間のかかる読書」などの著書がある。早稲田大教授も務めた。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z