昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

秋の休日にふたりで着たいブルックス ブラザーズのニット

1818年創業の名門ながら、近年さらに上質かつモダンに進化を遂げていると評判のブルックス ブラザーズ。誰もが安心できるトラディショナルなスタイルを軸に、たくさんの〝着る喜び〟を編み込んだ今季のニットは、まさにその象徴。その上質な素材と小粋なデザインによって、ふたりで過ごす大切な時間を、しっかりと暖めてくれるはず。

ニットのレイヤードで休日スタイルも上品に

この秋冬に注目されている、上質なニットをレイヤード(重ね着)した着こなし。男性なら、ジャケットがわりにもなる肉厚なメリノウールのカーディガンを、タートルネックに重ねたスタイル、女性なら凝った編み地が魅力のカシミアコットン製アンサンブルニットを主役にしたスタイルがおすすめ。リラックスしているのに上品な、大人の装いを楽しんで。

男性/カーディガン¥35,200、ニット¥19,800、パンツ¥17,600 女性/カーディガン¥28,600、ニット¥19,800、スカート¥39,600/以上ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)


MEN’S

名品レップタイがニットになった!?

アメリカントラッドきっての名品と言われるブルックス ブラザーズのレップタイを、ジップアップニットで表現。一着で着てもサマになる、存在感あふれるニット。

ニット各¥25,300、タイ各¥14,300/以上ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

クルーネックニットはディテールで差をつける

ブランドのアイコンであるゴールデン フリース柄を織り込んだ、ほどよくキュートなニットは、エコスエード製のエルボーパッチも効いている。

ニット¥31,900、シャツ¥16,500、パンツ¥17,600/以上ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)


WOMEN’S

上質ニットで楽しむ大人のビッグロゴ

ブランドアイコンをインターシャ編みした柔らかなニットは、旬のドロップショルダーや、長めのリブがお洒落。シンプルにデニムと着こなすのがおすすめ。

ニット¥30,800、パンツ¥24,200/以上ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

アイビーテイストをさりげなく取り入れて

アーカイブからインスパイアされたカシミア混のテニスニットや、美しい発色が自慢のカシミアケーブルニット。アイビーを彷彿とさせるメンズライクなニットも、今季は大充実! 

2着とも¥58,300/ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)


ニットの肌触りとともに心に刻まれる ふたりの温もりの記憶

素朴で暖かな柄ニットをカップルで楽しむ

スコットランドをルーツにもつフェアアイル柄をあしらったニットは、ブリティッシュウールで編んだ本格派。同じ柄でメンズのベストとウィメンズのクルーネックをそろえているから、わざとらしくないペアルックを楽しむのにはもってこい。

男性/ジャケット¥70,400、ニットベスト¥20,900、シャツ¥20,900、パンツ¥17,600 女性/ニット¥28,600、スカート¥28,600/以上ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン) 

レトロなのにモダンなダック柄ニット

ブルックス ブラザーズが誇る膨大なアーカイブから、クリエイティブ ディレクターのマイケル・バスティアン氏が選び抜き、アップデートさせた、ダック(鴨)柄のクルーネックニット。ともすれば地味に陥りがちなキャメルカラーのニットも、鮮やかなコントラストカラーを使うことで、若々しくモダンな印象を醸し出している。

右からメンズ¥36,300、ウィメンズ¥28,600/ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

11月8日(火)までウィンターフェアを開催!

ブルックス ブラザーズの各店舗とオンラインストアでは、現在ウィンターフェアを開催中。11月8日までに40,000円(税抜)以上ご購入された方には、オリジナルのドローストリングポーチをプレゼントします。※店舗では先着順、オンラインストアでは抽選となります。

● お問い合わせ先:ブルックス ブラザーズ ジャパン
フリーダイヤル 0120-02-1818 

ブルックス ブラザーズ
公式オンラインストア

Photographs: Osami Watanabe 
Styling: Akihiro Shikata
Hair&Make-up: Kanae Ito
Model: Naoki (INDIGO), Rina Takahashi (NAME MANAGEMENT)
Realization: Eisuke Yamashita