昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

カフェで仕事や勉強をしないほうがいい…東大卒弁護士が断言する「結果の出る場所」の条件とは

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル, 働き方, 教育

仕事や勉強で結果を出すにはどうすればいいのか。『すぐに結果を出せる すごい集中力』(秀和システム)を書いた弁護士の荘司雅彦さんは「集中力を切らさずタスクをこなすことが重要だ。そのためにはカフェで仕事や勉強をしないほうがいい」という――。

※本稿は、荘司雅彦『すぐに結果を出せる すごい集中力』(秀和システム)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/JGalione ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/JGalione

集中するためには「環境」が何よりも大切だ

私たち人間は、同時に別のことをおこなうことができません。

試しに、東京タワーを頭に浮かべながら、明日の予定を思い浮かべてみてください。代わるがわるであれば、思い浮かべることはできますが、同時に思い浮かべることはできないはずです。

周囲を見回して青色のものを探し、目を閉じて緑色のものがどんなものだったか思い出してみましょう(自分の部屋だったら憶えているかもしれませんが)。

では、数百冊が並んだ図書館の書架の背表紙を眺めて「日本」という題名がついている本を探してみてください。

一通り終わったら、書架の中に「物理」という表題の本があったかどうか思い出してみましょう。もしかしたら『日本の物理』などの例外はあるかもしれませんが、ほとんどの場合でお手上げになるはずです。

私たちの脳はマルチタスクができない

このように、私たちの脳は、別のタスクを同時に処理できないようにできています。

同時に処理できていると錯覚するのは、一つのタスクに取り組み、それを終えるか中途にして、別のタスクをやるということを繰り返しているだけなのです。

先の図書館の書架の例で考えれば、最初に眺めるときは「日本」という背表紙を探して、次にもう一度「物理」という背表紙を探すのと同じです。

現代社会のように、外部からの刺激が増え、脳内に入ってくる情報量が飛躍的に増加すると一つの情報に集中しようとしても、別の邪魔な情報が無数に入ってきてしまいます。

たとえば、本を読んでいるときにスマホの通知音が鳴れば、本に書かれている文字に対する意識が途切れます。通知音に反応してLINEの返信を書いていたら、あなたの意識は完全に本の文字から離れてしまうはずです。

z