昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル, 働き方, 教育

転がった重たい石を、わざわざ止めない

あなたがやらなければならない多くのタスクは、重い石を転がすようなものです。

最初に転がしはじめるときは、一生懸命に力を入れなければなりません。しかし、一度転がりだせば、さほど力を入れなくても、そのまま転がり続けてくれます。

多くのタスクも、これと同様です。着手するときが、もっともパワーを必要とします。たとえば本を読むときでも、イチから読みはじめるときのほうが、ある程度読み進めたものを読み続けるときより、精神的な負担が大きいはずです。

ですから、多くの小説家は、最初の数ページに読者の心をつかむ重要な出来事を入れているのです。

冒頭でつかみそこねると、その後を読んでもらえなくなり、読者から「つまらない本だった」と酷評されてしまうからです。

スマホの通知音は集中の敵である

着手するときの次にパワーを要するのは、中断したタスクを再開するときです。

読書の途中に、スマホの通知音でLINEの着信が来たことを知り、返信してから本に戻ったとしましょう。読みはじめのときほどではないにしろ、活字を追っていた最中より、はるかにパワーが必要となります。

何にも邪魔されず一気に読めたときは、内容もしっかり理解できているし、所要時間も短時間で済みます(もちろん、分量が多い本を何時間もぶっ続けで読むと、疲労が蓄積されることは言うまでもありませんが……)。

中断も1回や2回だけなら、まだなんとかなるかもしれません。でも、中断が複数回にわたって続くようであれば、どんな人でも集中力を保つのは難しいはずです。

あなたがキャリアアップのためにおこなうタスクも、頻繁に邪魔が入ってしまうと、転がっている石をわざわざ止めては、また転がすようなことを繰り返すだけです。極めて非効率的なものになってしまいます。

短時間で効率的にタスクをこなすには、当該タスクの邪魔をする刺激をできる限り排除する必要があります。