昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル, 働き方, 教育

どんなに満員電車でも、教材を工夫すればなんとかなります。実際に私も、横浜・渋谷間という満員電車の激戦区を乗り切っています。

山崎豊子さんの小説はおもしろかったので、娯楽と指摘されたらそうかもしれませんが、少なくとも日経新聞は違います。ゼロ円で試せることなので、仮にどうしても集中できないようなら、やめればいいだけの話です。

まわりの人たちも集中している環境がいい

図書館や自習室で勉強するとはかどる二つめの理由は、心理学上の「社会的証明の原理」です。「社会的証明の原理」というのは、ざっくり言ってしまえば周囲の人たちの行動を真似るという人間心理です。

アメリカの研究者による、ある実験の報告をご紹介しましょう。

病院の待合室で待つように指示を受けた人たちは、とくに「衣服を脱いで待っていてください」という指示を受けていないにもかかわらず、先に待合室にいる人たちが下着姿になっていると、全員が衣服を脱いでしまったそうです。

つまり「周囲の人たちと同じように、下着姿にならないと落ち着かない」という心理に至ったわけですね。アメリカ人は日本人よりもはるかに自意識が高い傾向にありますが、そんな彼らですら「まわりに合わせよう」とするのです。

この心理が、図書館や自習室でも働きます。図書館や自習室では、多くの人たちが勉強に取り組んでいます。周囲の人たちが真面目に勉強に取り組んでいると、自分も同じ行動を取らないとバツがわるい気持ちになるのでしょう。自分で自分に発破をかけなくても、周囲の人たちがあなたに発破をかけてくれるのです。

私自身、司法試験受験生だったころは、雨が降ろうが雪が降ろうが、必ず図書館に通うようにしていました。おかげで、精神的ストレスをさほど感じることなく、長時間の勉強を続けることができました。

誘惑する遊び友だちとは距離を置く

以上のように、誘惑アイテムがなく、かつ周囲が集中している環境に身を置けば、精神力が弱くとも集中できます。留意すべきは「誘惑アイテムがない」と「周囲が集中している」のいずれかが欠けてもうまくいかないということです。