昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《初公判》「薬物ではなく私に依存して欲しかったです」元KAT-TUN田中聖(36)が執行猶予判決を受けた日にラブホテルで会った40代女性 「今夜は空いてないの?」とLINEが来て…

「間違いありません」

 9月22日、千葉県柏市で今年6月に覚醒剤を使用した罪などで起訴された人気アイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバー田中聖被告(36)の初公判が開かれ、田中被告は起訴内容を認めた。

 田中被告は、黒いスーツに黒いネクタイ、黒縁メガネ姿で出廷し、裁判長から「職業は?」と尋ねられると「動画編集業です」と答えたという。 検察側は冒頭陳述で、「名古屋での判決を終えたあと、再び覚醒剤を使用したい欲求にかられ、2、3回にわたって覚醒剤の使用を繰り返した」と指摘した。また、証拠調べでは、田中被告がおよそ1年前から覚醒剤を使用し、月に5、6回使用していたことが示されたという。

 なぜ田中容疑者は再び覚醒剤を使用してしまったのか。6月に逮捕されたあとに配信した記事を再公開する(初出2022年7月4日 年齢、肩書きは当時のまま)。

「今夜は空いてないの?」「今から判決 一応23時とか24時に着くからそれぐらい目安で」(名古屋地裁・判決当日の田中聖容疑者のLINEより)

 後悔を口にした言葉は嘘だったのか。

 6月20日に名古屋地裁で懲役1年8カ月・執行猶予3年を言い渡されてから、わずか9日後の“再逮捕”だった。千葉県警は6月29日、JR柏駅前のデッキで覚せい剤を所持していたとして、人気アイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバー田中聖容疑者(36)を覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕した。田中容疑者は2日後の7月1日に千葉地検松戸支部に送検されている。

送検される田中聖容疑者 ©文藝春秋 撮影/三宅史郎

「きちんと背負って償っていこうと思っています」

「29日の午後5時半ごろ、警察官が駅前で不審な挙動を繰り返す田中容疑者を見つけました。声をかけた警察官を、田中容疑者は無視。怪しんだ警察官が令状を取って所持品検査を実施したところ、田中容疑者のズボンの腰辺りから覚せい剤入りの袋が発見されたのです。発見から逮捕まで、身分証の提示を拒否して4時間以上にわたって柏駅周辺を逃げ続け、パトカーが複数台出動して追いかけまわす“大逃亡劇”だったようです」(社会部記者)

 田中容疑者は2001年にKAT-TUNでデビューし、史上初の東京ドーム8日間連続公演など黄金期を築いたが、2013年に脱退。その後はソロで音楽活動を続けていたが、今年2月24日に愛知県警に覚せい剤所持の疑いで逮捕されていた。

 3月に入って使用の疑いで再逮捕されたが、3月25日に保釈された後には田中容疑者は自身のYouTubeチャンネルで「自分自身の弱さ、甘えだと思っております。きちんと背負って償っていこうと思っています」と深々と頭を下げ、家族やファンに謝罪していた。ようやく更生に向けた一歩を踏み出すかと思われたが――。

判決を受けた直後に向かったラブホテル

田中容疑者とA子さんが訪れた千葉のホテル(Googleストリートビューより)

 その田中容疑者が6月20日に執行猶予判決を受けた直後に向かった先は、柏市内のラブホテルだった。ラブホテルで待っていたのは田中容疑者のライブ映像などを見て約1年前からファンになり、今年の1月頃から逢瀬を重ねていた40代のA子さんだ。取材班の前に帽子とマスクで顔を隠しながら現れたA子さんは、田中容疑者を支えきれなかったと苦悩の表情を浮かべながら重い口を開いた。

「20日の判決直前に暇だったのか、久しぶりに聖の方から『今夜は空いてないの?』とLINEが来たんです。『まだ裁判中? 会えると良いなー』と返すと、『今から判決 一応23時とか24時に着くからそれぐらい目安で』と返事が来て、聖の実家近くの、いつものラブホテルで会いました。

執行猶予判決が出た当日の田中容疑者とA子さんのLINE

 さすがに裁判は緊張していたみたいです。『保釈金も家族に払ってもらったし、これ以上迷惑はかけられない。申し訳ない』と反省してる様子に見えました。『必ず金は返すんだ』という話もしていたので、まさか9日後にまた逮捕されるとは思いませんでした……。どうして再びクスリに手を出してしまったのか、不思議で仕方ありません。本当にショックです」

z