文春オンライン

source : 提携メディア

といったエピソードも、新聞記事を検索して、見つけ出したような話で、一向に心には刺さらない。

無味乾燥な功績を羅列したかと思うと、「私はいつまでも懐かしく思い出すだろうと思います。そして日本の、世界中の多くの人たちが『安倍総理の頃』『安倍総理の時代』などとあなたを懐かしむに違いありません」と、まるで、「完全にノスタルジアの人」として、歴史の教科書の世界に追いやらんとしているような口ぶりだ。

岸田氏の個人的な思いや思い出話が一切、含まれていないところを見ると、側近が書いたスピーチをただ読んでいるのではないかということが容易に想像できる。

一方の菅前総理。11分45秒のスピーチは、情緒的な心情描写から始まった。

「2人で銀座の焼き鳥屋に行き、あなたを口説きました」

「7月の8日でした。信じられない一報を耳にし、とにかく一命をとりとめてほしい。あなたにお目にかかりたい、同じ空間で同じ空気を共にしたい。その一心で現地に向かい、そしてあなたならではのあたたかなほほえみに、最後の一瞬接することができました」

そして、その悲劇から、今に至るまでの時の流れの無常さを、日本人らしいどこか俳句的な情景の描写で表現する。

「あの運命の日から80日がたってしまいました。あれからも朝は来て、日は暮れていきます。やかましかったセミはいつのまにか鳴りをひそめ、高い空には秋の雲がたなびくようになりました。」

全体を通じて、印象に残るのが、安倍氏へのほとばしり出る思いだ。普段、あまり感情を表さず、自分の弱さなどをさらけ出すことがない菅氏だが、「許せない」「悔しい」「悲しみ」「怒り」「うれしい」「誇らしい」「幸せ」「寂しさ」といったように、一切の抑制をかけずに、その感情をぶちまけた。

「あなたは一度持病が悪くなって総理の座を退きました。そのことを負い目に思って2度目の自民党総裁選出馬をずいぶんと迷っておられました。最後には2人で銀座の焼き鳥屋に行き、私は一生懸命あなたを口説きました。それが使命だと思ったからです。3時間後には、ようやく首を縦に振ってくれた。私はこのことを菅義偉、生涯最大の達成としていつまでも誇らしく思うであろうと思います」