文春オンライン

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 働き方, 社会

強制参加のレースで「降りる」のは個人の意思

こうした「平等主義・競争主義」が支配する内部昇進レースは、「校内マラソン」と同様に「オプトアウト方式」、つまり原則的には強制参加です。

介護、育児、病気などの「特別な事情がない限り」参加するのが当たり前だと思われています。「自分は出世なんてどうでもいい」と言いつつも、走り始めると、多くの若手がこうした構造に飲まれていきます。平等主義的な面を持っているがゆえに、そこから「降りる」ということは、本人の「意思」や個別の「選択」として理解されます。このことは、女性活躍が女性の「意欲」の問題になってしまうことの理由でもあります。

「42.5歳」で迎える曲がり角

とはいえ、この「校内マラソン」はいつか終わりを迎えます。

出世する人はいつか絞られ、それぞれのキャリア・アップは停滞を迎えます。専門用語では「キャリア・プラトー(高原)」と呼ばれる、いわばキャリアの踊り場です。企業はすべての人を管理職にするわけにも、幹部にするわけにもいきませんし、そんな企業は世界にも存在しません。高度経済成長の時代ならまだしも、出世の限界が見えたからといって、さらに出世の天井を引き上げる、つまり「ゴールを引き延ばし続けること」などは現実にはできません。

特に最近では高齢化とシニア世代の引退が延びたことによって、それまで部長クラスになっていた人が、課長クラスにとどまるようになっています。52歳、55歳といったタイミングで役職定年(ポスト・オフ)もあります。こうした中で企業には「キャリア自律」だ、として50歳ごろからいきなりキャリア研修などを受けさせられます。

図表1は、「出世に対する意欲の変化」を示したグラフです。平均で42.5歳を境目にして、「出世したい」と「出世したいと思わない」の割合が逆転しています。「出世したいと思わない」の比率は、逆転して以降はひたすら右肩上がりで伸びているのが見て取れます。