昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「物流」の2024年問題 - 決意の長時間労働是正

立教大学 教授 首藤 若菜さん、F-LINE 社長 本山 浩さん、セイノーHD 執行役員 河合 秀治さん登壇

PR

◇開催趣旨

2019年以降「働き方改革関連法」の施行に基づく「時間外労働の上限規制」により、様々な産業で労働環境の整備や条件の改善が進展しました。一方で、適用まで5年間の猶予が与えられている「物流業界」「建設業界」では、改善への動きが加速しているものの、長時間労働と休日労働からの脱却が不完全な状態が続いており、猶予期間が終わる2024年4月1日に向け、環境整備が急務となっています。

弊社ではこれまで「物流の2024年問題」「建設の2024年問題」をテーマに、カンファレンスを企画し、それぞれの業界における課題について多様な視点から考察をしてきました。

物流業界では「トラックドライバーの時間外労働の制限」により「担い手の不足」「労務管理によるコスト増」「事業継続」に対しデジタルを活用した業務効率化、勤務間インターバルの導入による働き方改革の徹底、人材育成、給与水準の向上など多くのチャレンジが示されました。また、建設業界においても同様に、「深刻な人材不足」が指摘され、建設技能労働者の大量退職も控えており、既存の人材に長時間労働という負荷が重くのしかかっています。また、二つ目として職場環境の課題も存在し、夏場や冬場など気候に左右される部分が多く、体調面でのケアも不可欠となっていることが指摘され、デジタル化、意識改革、政策面での整備など多くのインサイトが共有されました。

そこで本カンファレンスでは、いよいよ施行まで1年半と迫った「上限規制」に向け、改めてどのようなロードマップを描き、持続可能な体制を築くかについて、2日間にわたり、「物流業界編」「建設業界編」に焦点を当て考察をできればと存じます。

≪開催概要≫

日 時  Day①物流編 12月6日(火) / Day②建設編 12月7日(水)
会 場  オンラインLIVE配信
参加対象 物流業界にお勤めの経営者、経営幹部、経営企画部門、
     経営管理部門、人事部門、物流部門の部門長など
定 員  500名
参加費  無料(事前登録制)
主 催  文藝春秋
協 賛  株式会社スタディスト、株式会社fundbook、メディフォン株式会社

お申込み

〇プログラム(物流業界編)

13:00~13:50 基調講演 
「『物流危機』を終わらせるために、克服すべき課題」
~ 長時間労働是正の処方箋 ~

立教大学
経済学部 教授
首藤 若菜氏

1973年東京都生まれ。日本女子大大学院人間生活学研究科博士課程単位取得退学。博士(学術)。山形大人文学部助教授、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス労使関係学部客員研究員、日本女子大家政学部准教授などを経て、現在は立教大経済学部教授。専攻は労使関係論、女性労働論。
主な著書は『統合される男女の職場』(勁草書房・2003年、社会政策学会奨励賞、沖永賞受賞)、『グローバル化のなかの労使関係――自動車産業の国際的再編への戦略』(ミネルヴァ書房・17年、労働関係図書優秀賞、社会政策学会奨励賞受賞)、『物流危機は終わらない――暮らしを支える労働のゆくえ』(岩波新書、18年)、『雇用か賃金か 日本の選択』(筑摩選書、2022年)など。


13:50~14:20 課題解決講演①
「物流業界が抜け出せない“ヒト“への依存」
~ 「属⼈化した現場業務」を解消するための最善策とは? ~

株式会社スタディスト
営業部インサイドセールスG マネージャー
諸根 直史氏

新卒で国内大手物流会社に入社し、転職後のベンチャー企業を含め、約9年間新規獲得セールスを経験。その後、株式会社パイプドビッツにてインサイドセールス部門の立ち上げに従事。2019年には主要5支店のインサイドセールス部リーダーを務め、約3年間で2,500件を越える商談創出に貢献。2020年6月より、現職である株式会社スタディストに参画。


14:20~14:30 休憩


14:30~15:10 特別講演①
「物流の諸課題の解決に向けたF-LINEの取り組み」
~価値ある物流品質を、ずっと。~

F-LINE株式会社
代表取締役社長
本山 浩氏

1983年 早稲田大学 商学部卒業後、味の素株式会社入社。2005年 ギフト部長、2009年 味の素冷凍食品株式会社 執行役員 家庭用部長、2012年 味の素株式会社 大阪支社長を歴任し、2013年 執行役員就任。2015年 加工用調味料部長、2018年 ソリューション&イングリディエンツ事業部長 兼 生活者解析・事業創造部長を経て、2019年 常務執行役員就任。2021年6月 F-LINE株式会社 代表取締役社長 就任、現在に至る。


15:10~15:40 課題解決講演②
迫る「2024年問題」、転換期を迎える物流業界のリアルを紐解く
~物流業界M&Aの将来予測と再編展望~

株式会社fundbook
取締役
谷口 慎太郎氏

明治大学経営学部卒。三菱UFJ銀行を経て、ヘルスケア投資ファンドでの投融資業務、ハンズオンでの再生業務に従事。2009年に日本M&Aセンターへ入社。医療・介護・保育を中心としたヘルスケア関連企業をメインに、運送、製造、食品、ビルメンテナンス・警備、人材派遣業と多岐に渡ってM&Aを支援。2017年に同社の執行役員に就任。2021年にfundbookへ参画。同年6月、当社取締役に就任。


15:40~15:50 休憩


15:50~16:20 課題解決講演③
『人材不足時代の健康管理の始め方
 ~過重労働による従業員の健康リスクを防ぐ~』

メディフォン株式会社
産業看護師/第一種衛生管理者
政門 那美氏

看護師として大学病院の内科混合病棟にて心疾患や糖尿病、膠原病などの患者対応業務に従事。その後、看護師問診や海外赴任向けの予防接種を行っている医療機関に転職し、日々の生活の中で疾患と付き合いながら仕事を続けている方、コロナ禍において不安や緊張・不眠などに悩まれる方などと接する。これらの経験を通して、予防医療やグローバルな医療提供の重要性を感じ、メディフォンに入社。現在は、産業看護師として健康管理システム「mediment」のオペレーション業務やコンテンツ企画を担当。


16:20~17:00 特別講演②
「SEINO LIMIT ~限界からの解放~ に込めた想い」
~ スマート物流による社会課題解決型ラストワンマイルへの挑戦 ~

セイノーホールディングス株式会社
執行役員 ラストワンマイル推進チーム
河合 秀治氏

西濃運輸株式会社に入社後、トラックドライバーとしてキャリアをスタートし、トラック輸送の現場を経験。業務改善等各種プロジェクトを経て、社内ベンチャー、ココネット株式会社を2011年に設立し、後に社長に就任。同社は「買い物弱者対策」として、食料品のお届けなどのラストワンマイルサービスを全国展開。現在は、セイノーHD執行役員ラストワンマイル推進チーム担当、複数の事業会社の役員を兼務し、社会課題解決型ラストワンマイルの構築を推進。直近では、狭商圏オンデマンド配送サー
ビス「スパイダーデリバリー」、処方薬即時配送サービス「ARUU」、ドローン配送サービス「SkyHub」をローンチ。

お申込み

12月7日(水)建設業界編のお申込みはこちら