昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「緩急」で洒落る秋の1週間コーデ(ブルックスブラザーズ、マッキントッシュロンドン、麻布テーラーetc.)

大切なのは、シーンに沿ったメリハリ
「緩」と「急」で洒落る秋の一週間Style

ドレスコードが曖昧なものとなり、かつてよりも自由にお洒落を愉しめるようになった昨今。いつでもビシッ! とキメていては堅苦しく映るし、いつもくだけた格好というのでも大人の示しがつかない。大切なのは、シーンに沿ったメリハリ。緩急をつけることでお洒落の幅もぐっと広がる。たとえば、こんな一週間Styleはいかが?

Mon
端正なグレースーツで気持ちを引き締める
Mackintosh London マッキントッシュ ロンドン 

週の始まりは、端正なグレースーツに身を包む。肩を極薄パッドでナチュラルに整えたこのスーツなら、堅苦しさもない。気持ちを引き締めつつ、清々しい気分で、いざ仕事へ。

スーツ¥170,500、タイ¥17,600、タイバー¥13,200/以上マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI カスタマーサポート フリーダイヤル 0120-340-460)、シャツ¥39,600/ルイジ ボレッリ(バインド ピーアール TEL 03-6416-0441)、靴¥86,900/クロケット アンド ジョーンズ(シップス 渋谷店 TEL 03-3496-0481)、眼鏡¥48,400/ラインアート シャルマン(シャルマン カスタマーサービス フリーダイヤル 0120-480-828)、鞄¥55,000/トフ&ロードストーン(ティーアンドエル TEL 03-6455-5520)
※チーフはスタイリスト私物

Tue
フランクに臨みたい商談にはサックシルエットの紺ブレで
Brooks Brothers ブルックス ブラザーズ

リラックスして膝をつき合わせたい場には、程よく力の抜けた紺ブレの装いがしっくり来る。ブルックス ブラザーズを象徴するサック(袋)シルエットのそれは、理想の選択。腰のパッチ&フラップポケットも、肩肘張らない雰囲気作りに一役買ってくれる。シャツはやっぱり、アメリカントラディショナルの作法に倣ってボタンダウンを選びたい。仕上げにレジメンタルタイを締めれば、完璧!だ。

ブレザー¥81,400、シャツ¥20,900、タイ¥16,500、パンツ¥17,600、靴¥53,900/以上ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン フリーダイヤル 0120-02-1818)、トートバッグ¥49,500/トフ&ロードストーン(ティーアンドエル TEL 03-6455-5520)
※チーフはスタイリスト私物

Wed
ここぞのプレゼンにオーダースーツで気合いを
Azabu Tailor 麻布テーラー

スーツはここぞのシーンに力を与えてくれる武器であり、鎧。身体へジャストに沿うよう仕立てたオーダースーツは、最も心強い存在となり得る。そこで薦めたいのが、スタイル提案、品質ともに支持を集める麻布テーラーだ。写真のスーツは、ヨーロピアンクラシック薫る“コンチネンタル”モデルをベースにしたもの。シャープな肩線やピークトラペルのデザインが、力強い印象を醸す。納期は5週間ほど。

スーツ¥140,800、シャツ¥20,900、チーフ¥1,650/以上麻布テーラー、タイ¥33,000/アット ヴァンヌッチ(以上Y&Mプレスルーム TEL 03-3401-5788)、時計¥1,240,800/ジャガー・ルクルト(ジャガー・ルクルト フリーダイヤル 0120-79-1833)

Thu
リモートワークに馴染む洒脱なニットジャケット
Men's Bigi メンズビギ

リモートワークの装いに欠かせないのは、効率よく仕事に臨める快適さと、社会人として必要なドレス性。双方を備えたニットジャケットは、うってつけの選択だ。豊かな表情の尾州産編地を用いた本品の着心地は、まさにカーディガン感覚。襟にワイヤーが入っていて、洒落た表情付けを愉しめるのも嬉しい。

ジャケット¥19,800、カットソー¥9,900/以上メンズビギ(メンズビギ TEL 03-5428-0378)、眼鏡¥48,400/ラインアート シャルマン(シャルマン カスタマーサービス フリーダイヤル 0120-480-828)、時計¥2,094,400/ジャガー・ルクルト(ジャガー・ルクルト フリーダイヤル 0120-79-1833)

Fri
“花金”は色ジャケットで思いきり華やぐ
Lardini ラルディーニ

カジュアルフライデーには、華やかなジャケットを。伊ブランドらしい明るい色味が目を惹く本品の素材は、伸縮性のある裏地で補強したニット。構築感と寛ぎの双方を享受できる。

ジャケット¥137,500/ラルディーニ、ニット¥41,800/フィリッポ デ ローレンティス(以上トヨダトレーディング プレスルーム TEL 03-5350-5567)、パンツ¥31,900/シップス(シップス 渋谷店 TEL 03-3496-0481)、靴¥79,200/パラブーツ(パラブーツ青山店 TEL 03-5766-6688)、時計¥1,161,600/ジャガー・ルクルト(ジャガー・ルクルト フリーダイヤル 0120-79-1833)
※他は参考商品

Sat
極上ニットで寛ぐ自分だけのひととき
Drumohr ドルモア

寛ぎたいがくだけすぎたくない場には、極上カシミアのニットが活躍。ここでは、菱形の編み模様に洒脱が滲む一着を選んだ。足元もお堅すぎずユルすぎない程よい格式のローファーが合う。

ニット¥90,200/ドルモア(バインド ピーアール TEL 03-6416-0441)、スカーフ¥18,920/フラテッリ ルイージ、パンツ¥50,600/ベルナール ザンス、ジャケット¥151,800/チンクワンタ × シップス(以上シップス 渋谷店 TEL 03-3496-0481)、ソックス¥4,400/パンセレラ(真下商事 TEL 03-6412-7081)、靴¥79,200/パラブーツ(パラブーツ青山店 TEL 03-5766-6688)、時計¥2,094,400/ジャガー・ルクルト(ジャガー・ルクルト フリーダイヤル 0120-79-1833)

Sun
心を解き放つ一段上のカジュアル
Papas パパス

身も心もリラックスしたい日曜日は、思いきりカジュアルな服装で過ごしたいもの。しかし品は損ねたくない。そこで頼るべきが、パパスである。滑らかな起毛感が肌に心地良い写真のチェックシャツは、ゆとりのある寛いだシルエット。一方でドレスシャツに見られるコバの際を縫う仕様であるなど、作りは端正そのものだ。肩に掛けたパーカーも、旧式編機で空気を含みながら編み上げる“吊り編みスウェット”に始まり、隅々まで上質が追求されている。自ずと大人の余裕が滲むわけだ。

シャツ¥30,800、パーカー¥31,900、パンツ¥38,500、靴¥21,780、キャップ¥22,000/以上パパス(パパス TEL 03-5469-7860)


Photographs:Kazumasa Takeuchi (Ye)
Styling:Hiroki Tsuchiya
Hair&Make-up:Tatsuhiko Kitamura
Edit&Text:Daisuke Hata

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー