昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「69歳までお金に向き合うことから逃げていた」ひとりシニア女性の家計簿 貯金ゼロ、年金が月5万円でも生きていける

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル, マネー

老後は年金だけで生きていけるのか。節約ブロガーの紫苑さんは「年金は月5万円、貯金ゼロでも十分生きていける。外食をせず、スーパーで買った旬な食材を使えば食費は月1万円に抑えられる。大切なのは中流意識を捨てることだ」という――。

※本稿は、紫苑『71歳、年金月5万円、あるもので工夫する楽しい節約生活』(大和書房)の一部を再編集したものです。

撮影=林ひろし

お金に向き合うことから逃げていた

はじめまして。紫苑と申します。しおん、と読みます。花の名前です。「ひとり紫苑・プチプラ快適な日々を工夫」というブログを書いています。

今年の3月で71歳になりました。

節約ブログを書きはじめたのはコロナ禍のなか、69歳のときです。それまでは10年近く「着物ブログ」を書き、プチプラとはいえ多くのお金を着物に費やしていました。どれほど多くかというと桐ダンスが壊れる、部屋中着物で足の踏み場もなくなる、といった具合です。

桐ダンスが壊れたのは、上に上にと買った着物を積み上げていったからです。

お金について考えるのが苦手というか、この年になるまでお金とちゃんと向き合った経験はほとんどありませんでした。逃げていたのだと思います。

母子家庭で二人の子どもを育てていた上、フリーランスの仕事で収入は安定していません。そのため常に漠然とした不安を持ちながら、長い間暮らしてきたように思います。

一般的に子どもが育つまでには1千万円とも2千万円とも言われていた時代です。二人の子を育てあげるまでにはどのくらいかかるのか、それを考えるだけで気が遠くなります。老後資金「2千万円」にしても同じです。そんな数字を考えていたら意気消沈するばかり、前に進む気力もなくなります。そんなことで、数字には目をつぶって生きてきた、というか、そのようにしてやっていくしかなかったのです。

家賃が重荷となり築40年の中古物件購入

仕事がうまくいってまとまったお金が入ったこともあります。