昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「これが正解かどうかは分からない」天才レスラーの最後の対戦相手になった斎藤彰俊が再びバックドロップを放つまで

source : 提携メディア

genre : エンタメ, スポーツ

2009年、プロレスラーの三沢光晴さんが試合中の事故で亡くなった。対戦相手だった斎藤彰俊さんは、責任を感じ、一度は自ら命を絶つことも考えたという。その後、斎藤さんはどのような思いを抱え、どんな人生を歩んだのか。読売新聞の人物企画「あれから」をまとめた書籍『人生はそれでも続く』(新潮新書)より紹介する――。(第2回)

写真提供=プロレスリング・ノア 2006年の試合で、三沢さんのエルボーを受ける斎藤さん - 写真提供=プロレスリング・ノア

「天才」と呼ばれたレスラーが受けた最後のバックドロップ

約2300人のファンの熱気で、会場は沸いていた。2009年6月13日、広島県立総合体育館。「プロレスリング・ノア」の人気プロレスラーだった三沢光晴さんと、斎藤彰俊さんが、リング上で渾身(こんしん)の技をぶつけ合った。

試合開始から30分。斎藤さんがバックドロップを放った。どんな技を受けても不死身のように起き上がり、「受け身の天才」と呼ばれた三沢さんが、倒れたまま動かない。

会場は騒然となり、心臓マッサージが始まる。「三沢さんなら必ず起き上がる」。斎藤さんは祈り続けた。だが、三沢さんが目を覚ますことは、二度となかった。

リングで倒れた三沢さんが運ばれたのは、広島市内の大学病院だった。斎藤さんも駆けつけた。

背後から相手の腰を両腕で抱え、後ろへ反り投げる「バックドロップ」。その技を、斎藤さんが三沢さんにかけた。それからわずか1時間余り。三沢さんが亡くなった。46歳だった。午後10時10分。死因は頸髄(けいずい)離断という。斎藤さんは病室で三沢さんと対面し、立ち尽くした。

死んでおわびをするか、引退か、それとも…

夜が明け、朝になった。その日も、福岡県で試合が予定されていた。対戦カードは、多くの関係者が苦労して練り上げている。プロとして、「休む」という選択肢はない。

死んでおわびをするか、引退してリングから去るか、試合に出るか。この三択しかないと、斎藤さんは考えた。

所属するプロレス団体「プロレスリング・ノア」の指示もあり、病室を出て、宿泊先のホテルに向かった。途中、大きな川にさしかかり、橋のたもとから河原に下りた。