昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

旧統一教会の経理担当は「私のATMの後ろには行列ができる」と…献金額が"藪の中"の母親に無心され続けた娘の苦悩

source : 提携メディア

旧統一教会に入信した母親は、印鑑・高麗人参茶・宝飾品・サウナなどを購入するだけでなく、カードローンなどで繰り返し借金。献金総額は“藪の中”で、借金限度額に達すると娘にも無心した。そんな母親に翻弄され続け、宗教2世として生きてきた女性の苦悩とは。かつて旧統一教会信者だったルポライターの多田文明さんがインタビューした――。

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の日本本部=2022年9月27日、東京都渋谷区

「焼身自殺で亡くなった男性と私は同じだと感じた」

柴田さん(仮名・40代女性)の母親が旧統一教会に入信したのは1980年代のこと。父親は入信に反対しており、そのはざまで宗教2世として大きな苦労をしてきました。

「先日、高知県在住の男性が、野党合同ヒアリングに出席しました。その場で、信者として約1億円もの献金をした元妻(離婚)とともに暮らしていた息子さん(36歳)が焼身自殺し、『旧統一教会をなくしてほしい』と涙ながらに訴えました。それを聞きながら、亡くなった息子さんの立場が自分と同じように感じられて、とてもつらい気持ちになりました」(柴田さん)

柴田さんの家では、母親の旧統一教会への入信を知った父親が激高したといいます。

「もともと私の家は父がワンマンで、母はとても苦労していました。その悩みをうまくつかれて、教団に誘われ入信したのではないかと思います。父から反対されて以来、母は教団の信者であることを隠して、教会に通っていました。その陰で、私は幼い頃から、教会の関連施設に連れて行かれました。父の性格をわかっていたので、母のことは言ってはいけないと子供心に思っていました。

家には白い壺がありました。後でわかったことですが、母は父には内緒で、印鑑、高麗人参茶、宝飾品など、ありとあらゆるものを、教団の関連会社から買って隠していました。その中にはサウナもあります」

家庭用サウナには、かつて旧統一教会信者だった筆者自身も記憶があります。1980年後半、有名ゴルファーも使っているサウナだと宣伝して、それを販売するようにと教団から指示がありました。とても高額だったはずです。