文春オンライン

source : 提携メディア

その後も、母親の無心は続き、気づけば彼女は100万円ほどの借金を背負うことになっていました。

これは2009年以降の出来事で、教団のいうところの「コンプライアンスの徹底がなされた」後のことです。教団はこの9月の会見で「信者への献金奨励や勧誘行為はあくまでも信者本人の信仰に基づく自主性及び自由意思を尊重し、信者の経済状態に比して過度な献金とならないよう、十分に配慮しなければならない」として再度、これを徹底するといっていましたが、これが当時、機能しておらず、いかに絵にかいた餅であったかがわかります。

母親が献金ノルマに追い込まれて、個人的に借りたことも考えられますが、筆者は、教団の上の指示もあって借金した面もあるはずだと見ています。

なぜなら、昔から教団では献金ノルマのために、カードローンでお金を借りては返すことが日常茶飯だったからです。

旧統一教会経理担当「私のATMの後ろには行列ができる」

ある時、教団の会計担当者に、たくさんの信者らのカードを見せてもらったことがあります。担当者は「こんなにうち(教団の支部)には信者のカードがあるのよね」と、どこか得意げに言っていました。それは神様から与えられた責任(教団内では「み旨」と呼ぶ)を全うしているという喜びもあったからでしょう。

「返済の支払い期限が近づくと、大変なのよね。これだけの人の返済の入金をしなければならないから。私のATMの後ろには、いつも行列ができるわ。そして全員の返済をしたら、また借りられる枠ができるから、そこからお金を借りて回す。もう忙しいのよね」

このようにカードローンで借金をさせて、献金ノルマを達成する行為は組織ぐるみで日常的に行われていたことです。

そんな柴田さん母娘に2012年、転機が訪れます。この年に文鮮明教祖が他界したのです。

「(これを機に)母は教団から離れました。教団からの執拗な献金要求に耐えられなくなったためです」

現在は、母に貸した100万円は完済しています。