文春オンライン

source : 提携メディア

こうやって柴田さん母娘は旧統一教会との関係を断ち切ることができました。ただし、「母は教団から離れているとはいえ、旧統一教会の批判的なニュースをあまり見ないようにしています」と柴田さん。

こうした心理を持つのは1世信者に多いのですが、教団を批判する側の言葉は、「サタンの言葉」として長年、教え込まれており、サタンと心を通じてはいけないという思いから、批判的なニュースを無意識に目にしなようにしてしまうのです。

母親にはそうした思考がまだ残っており、ふとしたことで教団に心が戻ってしまう可能性もあり、今後も注意が必要なため、柴田さんは今も心配しているのです。

旧統一教会を信じる母と反対する父との板挟みの人生

筆者との会話の中で、柴田さんは宗教2世として育った苦しい胸の内を明かします。

「教団に批判的な父親と、嘘をついて隠れて教団へ通う母との板挟みのなかで、私は育ちました。子供のころから、ずっと本当のことが誰にも言えない日々を送りました」

難を逃れた形だが、柴田さんは冒頭で述べた、1億円を献金した信者の母親を持つ息子が焼身自殺したことに、自身の体験を重ね合わせます。

「私は社会人になり一人暮らしをすることで、教団からの献金の要請からも逃れることができ、完全に離れることができました。しかし、亡くなれた息子さんはずっと家にいることで、教団や信者である母親の影響を受けて、誰にどのように相談すればよいのか、わからなかったのかもしれません。私も、反対される母のことを思うと、父には真実を話せませんでした。息子さんも本当のことを口にできない苦しい葛藤があって悩み続けたのかもしれません。そう思うと、とても心が痛くなります」

親の言いつけに従うような優しい子ほど、相手の気持ちを慮(おもんぱか)りすぎて、身動きがとれなくなってしまうのかもしれません。

「母はいまだに実際に教団に献金した総額がどの位になるのか、教えてくれません。というより、過去を見つめたくない思いがあるようです。それを知られると、父に隠れて教会に通っていたことがバレてしまうという、怖い気持ちもあるのでしょうね」