昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「パーパスの浸透と行動変容」〇高岡 浩三氏(元ネスレ日本 代表)〇冨谷 明宣氏(タカラベルモント 常務取締役)

100周年記念 ~ 企業と組織、そして個人が“言葉”でつながるパーパス経営の実践知 ~

PR

◇開催趣旨

経済産業省が2020年12月にまとめた「DXレポート2」では、次のような言及がされました。「デジタルの活用はあくまでも“手段”であり、“目的”は新しい価値を創造していくこと、そしてそれを実現するためには企業文化そのものを変革し、変化に強い組織・風土を作ることが重要である」と。

こうした指摘を背景に、企業経営者は、新しい価値を創造し、あるべき姿を実現するためには何が必要なのか、また、企業文化そのものを変えていくために『パーパス』という概念を通じて何を表明していくことが正しいのか、経営者は課題解決の本質にしっかりと向き合い、将来を構想していくべくチャレンジを加速しています。

「私たちは何のために存在し、何のために働くのか?」

働き方やキャリアに関する価値観が多様化していく中、強い組織を創るためには、ワークライフバランスや自己実現に加え、企業の想い(パーパス)と個人の想い(パーパス)を合致させ、働くモチベーション、幸福度を高めていくことが不可欠となっています。

本カンファレンスでは、「パーパスの浸透と行動変容」をテーマに、不確実な時代に持続的な経営の基盤を築くために必要なことについて、企業と組織、そして個人がつながるパーパス経営の実践知の視点から考察します。

≪開催概要≫

日 時  2022年12月16日(金) 14:00~16:00
会 場  オンラインLIVE配信
参加対象 経営者、経営幹部、経営企画、人事、組織開発の部門長など
定 員  500名
参加費  無料(事前登録制)
主 催  文藝春秋
協 賛  株式会社SmartHR

お申込み

≪プログラム≫

14:00~14:40 基調講演
「パーパス経営の原点、社会課題の解決とイノベーション」
~ ネスレ日本 パーパスの浸透と行動変容の実践知 ~

元ネスレ日本 代表取締役社長
ケイ アンド カンパニー株式会社 代表取締役社長
高岡 浩三氏

1960年3月30日 大阪府生まれ
1983年ネスレ日本(株)入社、各種ブランドマネジャー等を経て、ネスレコンフェクショナリー(株)マーケティング本部長として「キットカット受験応援キャンペーン」を手がける。2005年ネスレコンフェクショナリー(株)代表取締役社長に就任。
2010年ネスレ日本(株)代表取締役副社長飲料事業本部長として新しい「ネスカフェ」ビジネスモデルを構築。同年11月より2020年3月までネスレ日本(株)代表取締役社長兼CEO。10年間の在任中に、ネスレ日本をネスレグループの先進国マーケットで最も成長率と利益率の高い会社に育て上げる。2014年、自身が手がけた「ネスカフェアンバサダー」が第6回日本マーケティング大賞を受賞。2014年よりワールド・マーケティング・サミット・ジャパンカウンシル代表。同年「The Internationalist」による「37 OUTSTANDING MARKETERS NAMED INTERNATIONALISTS」に選出。
2016年コトラービジネスプログラムプレジデント就任。
2017年11月より早稲田大学ビジネススクール国際諮問委員。
2017年5月よりケイアンドカンパニー(株)代表取締役としてDXを通じたイノベーション創出のプロデューサーとして活躍。
ネスレ退任後、サイバーエージェントやFood&Life Company など数社のマネジメントアドバイザーと社外取締役を務めるとともに、自ら「高岡イノベーション道場」というイノベーション創出に特化したスクールを主宰する。


14:40~15:10 課題解決講演
パーパス・ミッション・ビジョン・バリューの考え方と浸透
~ 組織と個人をつなぎ事業の成果を高めるために

株式会社SmartHR
プロダクトマーケティングマネージャー
埜村 勇斗氏

大学院卒業後、デロイトトーマツグループやHR系のコンサルティング会社にて組織人事コンサルティングに従事、その後HR系スタートアップの経営に参画。2020年にSmartHRに入社し、主に人事データや人材の活用に関する機能の企画や仕組みづくりを行う。


15:10~15:50 特別講演
「タカラベルモントの“パーパス経営”
         -『美しい人生を、かなえよう。』の浸透と実践の軌跡」
~ 個の力を強くし、組織力を上げ創り出す、これからの100年 ~

タカラベルモント株式会社
常務取締役
人事教育部長/経営管理室担当/広報室担当
冨谷 明宣氏

1963年三重県生まれ。
慶応義塾大学商学部卒業、1987年4月大和銀行(現りそな)へ入社。
2004年5月タカラベルモント入社、経営管理室配属。
2011年6月執行役員 就任。経営管理室長。
2018年2月執行役員 経営管理室長兼人事教育部長。同年6月取締役就任。
2020年6月より広報室も管掌。2022年6月常務取締役就任。
経営管理室長としてベトナムでのM&Aや100周年に向けた全社部門横断プロジェクト「MOVE_T」立ち上げ、人事部長として「働き方改革」を推進。
人材開発やエンゲージメントの向上などに取り組む。趣味は山登り。


15:50~16:00 Q&A