昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「結婚相手は一般男性」と表現されている、弘中綾香アナ・カトパンほか女性アナが選んだ伴侶の"正体"は…?

source : 提携メディア

genre : エンタメ, テレビ・ラジオ, 芸能

女性アナウンサーの結婚相手といえばプロ野球選手というイメージがあるが、最近は違うようだ。先日結婚を発表したテレビ朝日の人気アナ・弘中綾香さんを筆頭に、「一般男性」を選ぶ傾向が顕著だ。では、いったいどんな男性なのか。イラストレーターの辛酸なめ子さんは「実際は、資産を持つ経営者や外資系企業のエリート社員であることが多い。そつのない女性アナや芸能人女性は『一般男性』と表現することで、世間の嫉妬をかわしたいのではないか」という――。

写真=読売新聞/アフロ テレビ朝日の弘中綾香アナウンサー=2018年6月2日、東京都港区 - 写真=読売新聞/アフロ

弘中綾香アナなど女性アナが「一般男性」と結婚するワケ

芸能人やアナウンサーの女性が選ぶ相手は、本当の意味で「一般人」はいないのかもしれない……。セレブ美女が「一般男性と結婚」というニュースが流れるたび、リアルな一般人の男性たちを一瞬イメージしがちですが、報道される「一般男性」の素性を知ると、シビアな現実を突き付けられる、という繰り返しです。

最近では、テレビ朝日のエース級、弘中綾香アナ(31)が「一般男性」と結婚を発表。芸能人でもスポーツ選手でもない「一般男性」を選んだその手堅さが、共感を集めかけましたが……しばらくしてその「一般男性」が資産15億円とも20億円とも言われるベンチャー企業のイケメン社長と判明。かなりのパワーカップルです。

やっぱり……元フジテレビの「カトパン」こと加藤綾子アナ(37)と同じパターンでした。「一般男性」との結婚を発表しましたが、実際は年商2000億円のスーパーマーケット経営者で、世の「一般男性」とかなりかけ離れたスペックの持ち主でした。

他にも少し前にアナウンサーではないですが、俳優の石原さとみ(35)が結婚した「一般男性」が、外資系金融のゴールドマンサックスの超エリート社員で、年収は5000万円という説もありました[ちなみに、前出の弘中アナも後述の小川彩佳アナもフジの宮澤智アナ(32)も、お相手は外資系コンサルのマッキンゼー・アンド・カンパニーだと報じられています]。週刊誌によれば、彼のテレワーク姿を横で見ていたら、歴史上の人物や経営者の格言を交えつつ後輩を指導する姿に魅力を感じたそうで、収入だけでなく意識も高い男性です。