昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ブレない自分軸」を持つ必要なんてない 自己肯定感の低い人が間違えている“自分軸”の作り方

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル, 社会

どうすれば幸福に生きられるのか。心理カウンセラーの中島輝さんは「自分のことを自分で決めるという『自己決定感』をもつことが重要だ。自分の判断を自分以外の何かにゆだねてしまうと、幸福感はどんどん減ってしまう」という――。

※本稿は、中島輝『「知らんがな」の心のつくり方』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/ipopba ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/ipopba

周囲に「振りまわされる」人の3つのパターン

誰かに道を決めてもらっていると、自分で自分の幸福感を知らないうちに減らしてしまいます。それはあまりにもったいないこと。

他人や世の中が決めた“正解”に振りまわされてしまうのは、主に次のようなパターンがあります。

1 自分が経験して学んだ知恵ではなく、他人から与えられた知識を優先してしまう
2 自分が決めた規律ではなく、社会的な同調を優先してしまう
3 自分の個性や特質、強みではなく、社会的な成功を優先してしまう

この3つのパターンに見られるのは、すべてのものごとを固定観念や既成概念で決めているということです。

1のパターンは、自分に自信を持てていません。自分が経験して学んできた知恵はこの世で唯一無二の貴重なものにもかかわらず、それを大切なものとして扱うことができなくなってしまうのです。そんなときほど、他人の発言や他人から与えられた知識に頼りがちになります。

成功そのものを追い求めていては幸せになれない

2のパターンは、自己肯定感のひとつ「自己決定感(自分で決定できる感覚)」が不足しています。1のように他人から与えられた知識を優先していると、自分のことを自分で決められなくなり、自己規律が持てなくなってしまいます。

すると、とにかく失敗したくないために、周囲に合わせようとしてしまいます。そのほうが楽だし、ときに得をすることもあるからです。それによって、ますます自分でものごとを決められなくなる悪循環に陥ります。

ただ、心の奥底には、本当に自分がしたいことやありたい姿があるものなので、そのイメージ像と実際の言動にギャップが生じてつらくなってしまう。投げやりになったり、生きる力も湧かなくなったりします。