昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

miletが“チーム戦”で仕事に向き合う理由。「みんなで作り上げるから楽しい、人との関わりが好き」

2022/10/27

source : 提携メディア

genre : エンタメ

 

「今でもツアーに出ると、ホームシックになります」と笑うのは、シンガーソングライターのmilet。

2019年のデビュー以来、2度の紅白出場や、東京オリンピック閉会式での歌唱など、大舞台で多くの人に歌を届けた彼女。大舞台でパフォーマンスしてきたmiletの、等身大の姿が気になる。幼いころの記憶や仕事のやりがいなど、話を聞いた。

milet
(ミレイ)シンガーソングライター。東京都出身。思春期をカナダで過ごす。2018年より音楽活動をスタートさせた。2019年3月、ONE OK ROCKのToruがプロデュースした「inside you」でメジャーデビュー。2021年は8月に『東京2020オリンピック』閉会式に歌唱出演し、年末は2年連続となる『NHK紅白歌合戦』に出場した。2022年2月、2ndフルアルバム『visions』をリリース。公開中の映画『七人の秘書 THE MOVIE』では、ドラマシリーズに引きつづき主題歌を担当する。その楽曲「Final Call」はデジタルシングルとして発売中。

この記事の写真を見る(全8枚)

miletはウォーカーズ・ハイ?

 

──公開中の映画『七人の秘書 THE MOVIE』では、ドラマでも主題歌を担当されていました。

舞台が長野県の奥深いところで、風景も素晴らしかったです。7人が立ち向かう敵も手強くなっておもしろかったです。映画ではドラマにはなかった恋愛要素も新鮮でした。木村文乃さん演じる千代が、か弱くなる瞬間も新たな一面で。

──ちなみに本作の登場人物の中で、miletさんに一番近いのは誰だと思いますか。

七菜(広瀬アリス)さんかなぁ。感情が表に出やすいところが似てます。あんなふうに男性に振り回されるわけではないですけど(笑)。でも、怒るときは怒るし、怯えるときは怯えるし、喜ぶときは喜ぶ。そういうところが自分に近い気がします。

──感情を抑制するイメージを抱いていたので意外です。miletさんはひとりで9時間も散歩するんですよね。