昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『キングオブコント』賛否両論に思うこと。視聴者に「審査員目線」は必要なのか?

2022/10/27

source : 提携メディア

genre : エンタメ

 

10月8日『お笑いの日2022』(TBS)内で放送された『キングオブコント2022』決勝戦。賞レースを観終わったあと、でか美ちゃんが感じた“モヤモヤ”とは。

この記事の写真を見る(全4枚)

全組2本ずつ観たい!『キングオブコント2022』を振り返る

テレビ番組のロケでバイきんぐ小峠(英二)さんが自宅に来たことがあります、という自慢で察してほしいくらい家に物が多いタイプなので(汚いとは言いたくない妙なプライド有)、逆に衣替えに縁がないというか、常にすべての衣がそこら中にあるんですが、それでもこんなに急に寒くなられると困っちゃいますね。

毎日何を着たらいいのかわからないし、どんな服を持っていたのかも自分のインスタグラムを見返して把握する始末です。インスタ便利過ぎる~。同じ使い方してる人いるかな……。

というわけで、家ロケに来てくれたことがある、でおなじみのバイきんぐ小峠さん! 今年も『キングオブコント』の審査員を務められていましたね。

10月8日はなんて日だ! 今年の“コント日本一”を決める日だ!
と、少し強引ですが、今月は『キングオブコント』について書いていきます。

 

いやーーー!!!! まずはね!!!!
今年もおもしろかったーーーーーー!!!!!!!!

シンプルに、まずこれだけ言わせてくださいほんとに。ここで終わりでもいいくらい。こんなに楽しませてくれてありがとうという気持ちでいっぱいになりますね。

賞レースって観る側からしたらただただおもしろくて、ただただ楽しいだけなのに、なんでこんなに胸がいっぱいになるのでしょうか。

視聴者としてあまりにもそのドラマ性だけを消費するのは、先月の連載テーマ「芸人さんのメンタルヘルスについて考える」にもつながることなので、なるべく、ほどよく、そんな距離感で自分は観ていたいですけど。

日本一が決まる緊張感と、今日ここからスターが生まれるウキウキ感で、もうなんだかキラキラして見えるんですよね。