文春オンライン

source : 提携メディア

目の前の窪田さんがふっと、恥ずかしそうに微笑む。彼の料理がおいしいから、こんなに太ってしまったと。何とうらやましい、幸せ太りだろう。

コンビニの冷凍食品シリーズを、栄養補給の頼みの綱として生きていた窪田さんが、結婚したことできちんとした食事が摂れ、疲れている時は夫が会社への送迎も買って出てくれる。こうして夫の支えで、窪田さんはなんとか激務をこなしていた。

40代で味わった2度のどん底

程なく、リーマンショックが会社を直撃した。

「例えば海外セレブの方は景気の変動に関係なく買うわけですが、それだけで全社員の給料が賄えるわけがなく、店頭で日々売っている商品が会社を支えていますから、リーマンショックも今回のコロナも、経営をまさに直撃するんです」

こういう時に限って上層部は、職場の改革など無理難題を押し付けてくる。窪田さんは、「予算は割けないからお金をかけずに改革をやれと。もう、地獄でした」と振り返る。

窪田さんにとっての「地獄」は、リーマンショックだけではなかった。42、3歳ごろから顕著になった更年期障害という、これまで経験したことのない体調不良に襲われた。

「若い時は汗なんてほとんどかかなかったのに、どこから出るのと思うほど汗が出て、動悸(どうき)もするし、簡単に熱中症になって倒れてしまうし。とりわけ、気分障害が激しくて……」

気づいたら周りの人間がどんどん離れてしまっていた

ちょうど重い責任が課せられ、出世の階段を登る時期。窪田さんは、更年期の複雑な症状に翻弄される。

「気分障害」と窪田さんは表現したが、とりわけ以前と決定的に変わったのは、「被害者意識」が生まれたことだったと言う。

「一番、それが大きかったと思います。周りが悪いとか、自分はいじめられているとか、理不尽にひどい目に遭っているとか、被害者意識を持ってしまうんです。当時はそれが年齢的な病気のせいだとは思っていないわけで、ハッと気づいた時には、もう遅い。周りの人間がどんどん離れて行ってしまいました」