昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

沖縄・高校生を眼球破裂で失明させた警察官、書類送検へ 警棒から高校生のDNA型が検出

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

沖縄県警本部=那覇市

 沖縄県沖縄市の路上で1月、バイクに乗っていた17歳だった男子高校生が警察官と接触し、高校生の眼球が破裂、失明した事件で、県警はこの警察官を2日午後にも特別公務員暴行陵虐致傷容疑で書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

 事故は1月27日未明、警察官が暴走族を警戒中に発生した。県警によると、この高校生は暴走行為をしていなかった。

 高校生は「走行中にいきなり警棒で殴られた」と話したが、警察官は故意を否定していた。警察官の警棒から高校生のDNA型が検出されたことなどから、県警は故意に暴行を加えたと判断したとみられる。

 事件を巡ってはインターネットで情報が拡散し、27日夜から28日未明にかけ、沖縄署に300人以上の若者らが集まり投石する騒動が起きた。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー