昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

プレミアムな旅はここから始まる。「GranClass」で、極上の女子旅へ

PR提供: JR東日本

ひさびさに足を延ばし、思いっきり贅沢な旅を楽しんでみよう。
SMART PREMIUM CABIN「グランクラス」は、わたしを解き放ってくれる。

旅の始まりは、ここから

「ごめん、サヤ。待った?」

 学生時代から変わらないみさおの遅刻癖。ついつい笑ってしまう。

「大丈夫よ。お茶してたから」

 待ち合わせ場所は東京駅・八重洲中央口にある「ビューゴールドラウンジ」だ。ここはビューカードのゴールドカード会員専用ラウンジ。発車時刻までソフトドリンクやお菓子を楽しみながら、ゆっくり過ごすことができる。

 そんな特別な場所を、ゴールドカード会員でもないわたしたち二人がなぜ利用できるのかというと、これから乗る「グランクラス」のおかげだ。チケットを提示すれば、ゴールドカード会員と同じように、発車90分前から利用できる。ここで、みさおと1泊2日金沢の旅の作戦会議をしようというのだ。

八重洲中央口にある「ビューゴールドラウンジ」。東京駅丸の内ドームのレリーフをリデザインした内装・調度が優雅なひとときを演出。
八重洲中央口にある「ビューゴールドラウンジ」。東京駅丸の内ドームのレリーフをリデザインした内装・調度が優雅なひとときを演出。

「グランクラス」のことは、職場の友人から聞いていた。

「とにかくサイコー!」

 顔を合わすたびに勧められ、一度乗ってみようかと思いはじめたところに、コロナがやって来た。それからはずっと在宅の日々。旅行鞄はクローゼットの中でほこりをかぶっていた。

 みさおから久しぶりに連絡があったのは2週間ほど前のことだった。

「うちのダンナが、子どもの面倒は自分がみるから旅行にでも行ってくれば、だって。一緒に行こうよ、サヤ」

 みさおとは学生時代、よく二人で旅行をした。リッチな旅ではなかったが、楽しい思い出ばかりだ。よし、ひさびさの女子旅、繰り出しますか……。

「ねえ、サヤ、1泊2日でいいから、おもいっきり贅沢しよう」

 みさおからの提案。わたしも同じことを考えていた。先の見えないリモート生活が続いて、いつの間にか、心とからだに滓のようなものが溜まっている。それを一気に晴らすには、どうしても“スペシャル”が必要だ。

「じゃあ、グランクラスで金沢に行こう」

 今度はわたしからの提案。

「OK!」

 やっぱりみさおとは、気が合う。

わたしを解き放ってくれる「グランクラス」の旅

 そろそろ発車の時間だ。作戦会議の続きは新幹線のなかですることにして、ホームに向かう。思わず口笛でも吹きたくなるような気分。「グランクラス」は先頭車両。“グラン”のGをかたどったゴールドのマークが、わたしたちを出迎えてくれた。

いよいよ乗車。乗車時には、水やおしぼりなどが入ったウェルカムセットが用意されている。
いよいよ乗車。乗車時には、水やおしぼりなどが入ったウェルカムセットが用意されている。

「広い!」

 ゆったりと間隔をとって配置された18の座席。シートに腰を下ろした第一声は、ふたりとも同じだった。グリーン車よりもグレードをアップしたというシートは、触っただけで素材の上質感が伝わってくる。

上質で洗練されたデザインと人間工学に基づいた座り心地を追求した「グランクラス」のシート。
上質で洗練されたデザインと人間工学に基づいた座り心地を追求した「グランクラス」のシート。

「すごいね、このリクライニング。最大45度だって」

 ひじ掛けのコントロールパネルでシートを調整するみさお。わたしも早速試してみる。後ろの席を気にする必要のないバックシェルタイプなので、思いっきり倒すことができる。フットレストとの連動で、からだが包み込まれる感覚だ。

車内で快適に過ごせるようにスリッパやブランケット、靴ベラなどのアメニティも揃っている。
車内で快適に過ごせるようにスリッパやブランケット、靴ベラなどのアメニティも揃っている。

アルコールもソフトドリンクも贅沢に愉しめる

「ご乗車、ありがとうございます」

 グランクラス専任のアテンダントが、軽い食事と飲み物のオーダーをとりにきてくれた。

「どっちにする、サヤ。和食は『分とく山』の野﨑洋光さん監修、洋食はDEAN & DELUCAのプロデュースだって」

「和食と洋食、ひとつずつ頼もう」

「それはナイス」

「グランクラス」では専任のアテンダントが、快適な旅をサポートしてくれる。
「グランクラス」では専任のアテンダントが、快適な旅をサポートしてくれる。
リフレッシュメント(軽い食事)は、季節ごとに厳選した食材を用いたメニュー。洋食と和食の2種類から選べる。
リフレッシュメント(軽い食事)は、季節ごとに厳選した食材を用いたメニュー。洋食と和食の2種類から選べる。

 一人旅では味わえない楽しさが、女子旅にはある。おまけにアルコールもソフトドリンクも、飲み物はすべてフリーだ。

「わたし、グランクラスに乗るだけで十分かも……」

 車窓の景色を眺めながら、みさおがつぶやく。わたしも同感だ。自分のなかで、こわばっていたものがゆっくりと溶けだしていくような気がした。

◇     ◇     ◇

※写真はイメージです。飲食時以外はマスクの着用をお願いします。
※記載の内容は、2022年10月中旬現在のものです。
※お出かけの際には、ホームページ等で最新の情報をご確認ください。

最上のプレミアム空間「グランクラス」は、東北・北海道新幹線(E5系・H5系)、北陸新幹線(E7系・W7系)、上越新幹線(E7系)で営業しています。なお、「グランクラス(飲料・軽食なし)」で営業する列車には、グランクラス専任アテンダントは乗車しません。
プレミアムな旅を、あなたに。GranClass

提供:JR東日本

Photograph: Shiro Miyake
Model: Saya Makino, Kazusa Tachibana (HONEST)
Styling: Yuki Miyamoto
Hair&Make-up: Kanae Ito
Design: Shinobu Takahashi

◎衣装情報

(人物右)カーディガン¥24,200、シャツ¥19,800/yori(yori☎︎03-6804-2580) スカート¥12,100/サージュブティック(サージュブティック☎︎03-6271-4866) ピアス¥12,680、リング【右手】¥13,750【左手】¥14,300/ローム(ローム ✉︎info@lohme.jp) ストール¥39,600/アソース メレ(アイネックス☎︎03-5728-1190) ショルダーバッグ¥13,970/ラブティックボンボン(パル☎︎03-6855-0801) ハンドバッグ¥22,400/バナナ・リパブリック(バナナ・リパブリック☎︎0120-77-1978) ブーツ¥16,500/ディアナドット(MIKRI☎︎03-5774-4205)
(人物左)ジャケット¥13,990、ニット¥8,990/アンフィーロ スカート¥29,920/アンクレイヴ(オンワード樫山☎︎03-5476-5811) ブレスレット¥14,850、リング¥28,600/ローム(ローム ✉︎info@lohme.jp) ショルダーバッグ¥4,400/サージュブティック(サージュブティック☎︎03-6271-4866) キャリーバッグ¥173,800/リモワ(リモワ クライアントサービス☎︎072-994-5522) ブーツ¥13,970/ランダ(ランダ☎︎06-6451-1248) イヤリング/スタイリスト私物