昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈福岡5歳児バス置き去り熱中症死事件〉園長ら執行猶予付きで有罪「過失重い、あまりに痛ましい」

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

福岡地裁=福岡市中央区

 福岡県中間市の私立双葉保育園で昨年7月、園児の倉掛冬生ちゃん=当時(5)=が送迎バス内に取り残されて熱中症で死亡した事件で、業務上過失致死罪に問われた元園長の浦上陽子(45)、保育士の鳥羽詞子(59)両被告の判決が8日、福岡地裁であった。冨田敦史裁判長は「基本的な注意義務を怠った過失は重い」として、浦上被告に禁錮2年、執行猶予3年(求刑禁錮2年)、鳥羽被告に禁錮1年6月、執行猶予3年(同禁錮1年6月)を言い渡した。

 冨田裁判長は「降車確認は園児を預かる立場にある者として当然に果たすべき基本的な注意義務だ。これを怠った過失は重い」と指摘。「灼熱(しゃくねつ)の車内で長時間一人取り残された被害者が感じた苦痛や心細さ、絶望感を思うと、あまりに痛ましい」と述べた。

 その上で「長年にわたり保育園の運営や保育士の仕事に献身的に携わってきた」と言及。自分たちの過失責任と真摯(しんし)に向き合っていることから、執行猶予が相当とした。両被告は起訴内容を認め、執行猶予付きなど寛大な判決を求めていた。

 浦上被告は判決後、取材に応じ、「遺族は許されない思いがあると思うので、今後も償い続けていきたい」と話した。

 判決によると、両被告は昨年7月29日午前8時35分ごろ、送迎バスから園児らを降車させる際、冬生ちゃんが残っていることに気付かずドアを施錠。午後5時15分ごろまで車内に放置し、熱中症で死亡させた。浦上被告は当時バスを運転し、鳥羽被告は園児の降車補助担当だった。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー