文春オンライン

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル, 社会

とっさの場面で表れる深層意識

この話を聞くと、多くの人はこの夫に対して「さぞかしひどい人格なのだろう」と思うことでしょう。しかし、実際にはその男性は、見た目も立ち居振る舞いもごく普通で、問題なく会社勤めをしている世間的に見れば“常識人”なのです。

本人も、そのセックスで妻を傷つけようという意図はありませんでした。それどころか、傷つけていたことに気がつくこともなかったのです。

「夫婦ですから、セックスはいつもしていること。何の問題があったのかわかりません」というのが、夫の言い分でした。

体調不良の妻を相手にセックスをしようとする行為自体はもちろんのこと、それ以上に、「ちょっと体だけ貸して」という意識が妻を大きく傷つけてしまった。にもかかわらず、夫には自覚がまったくない。

ここに根深い問題があると僕は考えています。

こんなに違う「セックスに対するモチベーション」

なぜ、妻であるこの女性が深く傷ついたのか?

多くの方は察しがつくとは思いますが、答え合わせとして、男女それぞれのセックスに対するモチベーションが分かる次のデータを見てみましょう。

一般社団法人日本家族計画が行った調査「ジャパン・セックスサーベイ2020」によると、「あなたがセックスをする目的はなんですか?」という質問に対し、男性の回答のトップは「性的な快楽のため」でしたが、女性の回答は「愛情を表現するため」「ふれあい(コミュニケーション)のため」が目立ちました。

つまり、男性のセックスのモチベーションが多くの場合で「性欲の解消」にあるのに対して、女性は「愛情」が動機になっています。そのため、女性が自分に対して愛情を示さない相手からのセックスの誘いに応じられないのは、無理もないことなのです。

女性は心が閉じ、体も閉じる

先ほどの妻からすれば、弱っている自分にかまうことなく挿入をしてくる行為は、妻にとって「愛情の表現」から程遠いものでした。そのために、心がまずは閉じ、それに伴って体も閉じてしまいました。