文春オンライン

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル, 社会

しかし、夫が自らの性欲を後回しにて弱っている自分をいたわり、大切に扱ってくれたとしたら、どうでしょう。妻は回復した後で、「愛情の表現」としてのセックスを喜んで受け入れたことでしょう。

この夫婦のケースは極端な例かもしれません。

しかし、それ以外の夫婦のケースでも、「日ごろは『太ったな』とか『老けてきた』とか言うくせに、セックスだけは求めてくる」「行為が終わるとすぐに背中を向けて寝る」「自分が満足したら、こちらのことはおかまいなしに終わりにする」などといった話を女性の側からはよく聞かされます。

そして、そのどれもが、女性が「愛情の表現」をしたいと思えなくなる原因となっています。

男性が学ぶべき「求愛の12段階」

女性たちの心の動きは「動物の性行動」として、ごく自然なことです。

イギリスの動物行動学者であるデズモンド・モリスは、「すべての動物の求愛パターンは典型的なプロセスとして組み立てられている」と指摘しています。そして、人間が異性と関係性を深めていくプロセスを、次のような「求愛の12段階」として表しました。

■デズモンド・モリスの「求愛の12段階」

第1段階 目から体
第2段階 目から目
第3段階 声から声
第4段階 手から手
第5段階 腕から肩
第6段階 腕から腰
第7段階 口から口(キス)
第8段階 手から頭
第9段階 手から体
第10段階 口から胸
第11段階 手から性器
第12段階 性器から性器(セックス)

先のような「会話もスキンシップもないのにセックスだけは求めてくる」というのは、この第1段階から第11段階までの求愛行動をすべてはしょって、いきなり12段階へ突入しようとしている……というわけです。

これでは、女性たちが生理的、本能的に受け入れられないのも無理はありません。

女性にとっては、日常的に交わす視線や言葉、手を握る、肩に触れるといった軽いスキンシップまでもが、セックスに至るまでの求愛の儀式、いわば前戯に含まれているということです。