文春オンライン

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル, 社会

夫婦間でもその都度合意は必須

また、具合の悪い妻の合意なくセックスをした男性のように、「いまさらセックスをするのにいちいち許可を取る必要なんてない」という思い込みも、大間違いです。長年連れ添った夫婦であっても、その都度の合意は絶対に必要です。

最近では性的なDVや家庭内レイプが問題になるケースもあります。夫婦の間には「性交渉を求める権利」はありますが、意思に反して無理やり性交に及んだ場合には、当然ながら夫婦間でも強制性交等罪は成立します。

「そんな大げさな!」と思うかもしれませんが、先の夫婦のように、元々は仲が良かった関係性に取り返しのつかないヒビを入れてしまうことにもつながりかねません。

イギリスの警察署の「性的同意啓蒙のための動画」

また、相手が途中で「もうやめて」と嫌がったり、痛がったりしているのに「あとちょっとだから」と最後まで行為を続けたり、相手が満足していないのに自分だけ射精して終わり……というのも、よく聞く女性たちの不満話です。

これらも「愛情の表現」とは程遠い、厳に慎むべき利己的な行為といえるでしょう。

このごく当たり前に備えておくべき道徳観がピンとこない、よくわからない……という性欲に振り回されてしまっている男性は少なくありません。そんな人に、ぜひおすすめしたい動画があります。

イギリスの警察署がYouTubeに投稿した、性的同意啓蒙(けいもう)のための動画<Tea and Consen(同意それはお茶と同じ)>です。

セックスの誘いを、相手にお茶をすすめたときの状況と重ね合わせて、同意についてのセンスが学べるようにまとめられている秀作です。

「セックス」を「お茶」に置き換えて考える

お茶をすすめたとき、相手が「ええ、ぜひ」といったが、後から「やっぱりいらない」といわれた。

昨日は喜んでお茶を飲んだから、今日も当然飲むと思っていたら「今日はいらない」と断られた。

お茶を飲むといっていたのに、いざ飲む段階になったら相手が寝てしまった。