昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「抗がん剤は本当に効くのか、それとも毒なのか」多くの人の疑問に内科医が出した最終結論

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療

日本人の2人に1人ががんになる時代。がん治療においては、抗がん剤を恐れる人が多く、さまざまなデマが流布されている。内科医の名取宏さんは「抗がん剤も副作用対策も、その他の薬物療法も進歩している。現在の正確な情報を得てほしい」という――。

写真=iStock.com/FatCamera ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/FatCamera

信憑性が低い「99%以上」という数字

2022年9月、ウクライナの4州でロシアが「住民投票」を行ったところ、ロシア編入への賛成票が圧倒的多数を占めたというニュースが流れてきました。東部ドネツク州では、なんと99%以上が賛成票だったそうです。もともと親ロシア派の住民もいたとは聞きますが、さすがに99%は数字を盛りすぎです。信憑性(しんぴょうせい)を増すためには「過半数を超えた」とでもしておけばいいのに、ここまで数字を盛るのは海外の評判を気にしてはおらず、ロシア国内向けのプロパガンダのためだからでしょう。

どうも何かに似ていると思ったら、ずいぶん昔からある「がん治療」に関する定番デマにそっくりでした。医師に「『あなたががんになったとき、自分に抗がん剤を使うか?』と尋ねたところ、99%以上が自分には抗がん剤を使わないと回答した」というものです。

百歩譲って、このデマの通り本当に「医師たちが効かないことを承知で金もうけのために抗がん剤を使っていた」と仮定しても、そうした医師たちが果たして質問に正直に回答するのかどうかを考えてみましょう。私がデマを作るなら、もうちょっと信憑性のある数字にします。これも「ニセ医学」支持者に向けてのプロパガンダのためのもので、広く一般へ向けているわけではないから極端な数字なのかもしれません。

抗がん剤を使うかどうかは条件による

実際のところ、抗がん剤を使うかどうかの判断は、がんの種類、進行度(病期)、患者さんの状態や年齢などの条件によって全く違います。手術で取り切れるステージIの早期胃がんなら抗がん剤は使いませんが、抗がん剤治療がよく効くタイプの悪性リンパ腫なら抗がん剤を使います。ですから、医師に「あなたががんになったとき、自分に抗がん剤を使うか?」といった大雑把な質問をしても答えようがありませんし、意味がありません。