昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

映画「ターミナル」のモデル男性が空港ターミナルで自然死 イラン出身、パリの空港で18年生活

source : 提携メディア

genre : ニュース

 【ボビニー(仏)AFP時事】パリ郊外のシャルル・ドゴール空港で18年にわたって生活したイラン出身の男性メフラン・カリミ・ナセリさんが12日、空港ターミナルで死去した。空港当局者が明らかにした。自然死だったという。ナセリさんは、スティーブン・スピルバーグ監督の米映画「ターミナル」(2004年)で俳優トム・ハンクスさんが演じた主人公のモデルとなったことで知られる。

 ナセリさんは1945年、イラン南西部フゼスタン州生まれ。母親を探すためイランから空路ロンドン、ベルリン、アムステルダムへ渡ったが、必要書類を提出できずに入国を拒否されて行き場を失い、88年11月からドゴール空港の片隅で生活するようになった。

 支援者から食料や医療の提供を受け、99年に難民認定され、フランスの滞在資格を取得した。当局者によると、映画で得た収入の大半を使い果たした後、数週間前に空港に戻っていたという。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー