昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「自殺場所を探し提案した」 明るい・おしゃべりな少年がなぜ 自殺願望少女を狙ったのか 28歳男の“裏の顔”

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

 

SNSで知り合った女子中学生の自殺を手助けしたとして、さいたま市に住む野崎祐也被告(28)が逮捕・起訴された。野崎被告は、アカウントを使い分け、自殺願望のある複数の女性とやりとりをしていたという。

ピースサインの男と自殺願望の少女

警察署の壁に手をつきながら警察車両に向かう野崎祐也被告(10月19日)
 

先月19日、横浜地検に身柄を送られる野崎被告。髪の毛に覆われ、その顔ははっきりとは見えなかったが、壁に手をついて、ゆっくりと階段を降りていく様子が印象的だった。

一方で、自身のSNSには、ピースサインの写真をアップする野崎被告。本当にこの男が、”自殺ほう助”事件を起こしたのだろうか。

野崎被告と、横浜市に住む中学生の少女が知り合ったのは、去年のこと。少女は、自分のSNSに、自殺願望をほのめかす投稿をしていた。それに目をつけた野崎被告は、少女に接触。その後、1年ほどの間、SNSを通じてやりとりを続けていたという。

自分のSNSでは、ピースサインを見せる野崎被告

およそ1年後 事態が急変

野崎被告は、少女を車で、”自殺場所”まで連れて行ったという。

ところが、今年9月20日、事態が急変した。野崎被告と少女は、都内で落ち合い、JR東浦和駅まで電車で移動。駅から野崎被告の自宅まで、2人は徒歩で向かったという。それから3日間に渡って、2人は、野崎被告の自宅に滞在したという。

23日になり、野崎被告は、少女を車に乗せて、”自殺場所”となる、神奈川・相模原市内の某所に連れて行ったという。少女の家族は、野崎被告と落ち合ったその日に、行方不明者届を提出している。

神奈川県警は、捜査一課を投入し、防犯カメラの映像解析などから、野崎被告を突き止めた。9月27日、未成年者誘拐の疑いで逮捕したが、その2日後、少女は、川の中で、遺体となって見つかった。

印象は「明るい」「おしゃべり」

中学時代の野崎被告

野崎被告は、10月17日、自殺幇助の疑いで再逮捕された(その後、起訴)。捜査段階では、「スマホで自殺する場所を探し、少女に提案していた」と話していた野崎被告。”自殺ほう助”の意図が、この供述からも、うかがうことができる。

一方、取り調べでは、「SNSのいくつかのアカウントを使い分けて、そのうち複数のアカウントを停止させられたことがある」と明らかにしていたという。アカウントを使い分けて、自殺願望のある女性を探していたのか・・・。いったい、野崎被告とは、どんな人物だったのか。