昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

遺体をドラム缶にコンクリート詰め…殴る蹴るで死亡させ 傷害致死容疑で会社役員ら4人を逮捕

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

愛知県警本部=名古屋市中区

 青森県弘前市で8月、コンクリート詰めにされたドラム缶の中から男性の遺体が見つかり、愛知、青森両県警は17日までに、傷害致死容疑で、内装会社役員勝田茂容疑者(51)=愛知県小牧市小牧原=ら男4人を逮捕した。認否は明らかにしていない。

 他に逮捕されたのは、奥村博(49)=住所不定、小枝浩志(62)=名古屋市北区楠、横井秀哉(48)=小牧市間々本町=各容疑者。

 逮捕容疑は2015年2月上旬ごろ、愛知、三重両県かその周辺で、小牧市の内装業平塚崇さん=当時(26)=の胸や腹を殴る蹴るなどし、平塚さんの自宅で死亡させた疑い。

 愛知県警によると、今年2月初旬、勝田容疑者の会社に以前勤めていたという人物から情報提供を受け、平塚さんの消息を調べたところ、当時元請けだった勝田容疑者らが浮上した。

 8月に入り、4人から任意で事情を聴き、供述に基づいて捜索したところ、同月12日、弘前市内の空き地で平塚さんの遺体がコンクリート詰めされたドラム缶を発見した。

 愛知県警は、勝田容疑者らが同県内で遺体をドラム缶に詰め、その後車で青森に運搬したとみており、4人の役割や平塚さんが死亡した経緯などを詳しく調べる。4人は職場の同僚などだった。平塚さんの遺体は腐敗が進んでおり、司法解剖の所見のみでは死因が判断できないという。

この記事の写真(1枚)

2022/11/17配信

ドラム缶にコンクリ詰め遺体 傷害致死容疑で4人逮捕―愛知県警など

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー