文春オンライン

「松浦亜弥、13年ぶり新曲発表」という衝撃的な朗報。平成アイドルの伝説“あやや”はなぜ、時代を超えて愛されるのか

2022/11/30

source : 提携メディア

genre : エンタメ, 芸能, 音楽

 

松浦亜弥が新曲を発表する、というニュースを目撃したのは10月27日のこと。

「2022.11.25デジタルリリースします。楽曲の冒頭公開。」とのツイートでこの朗報を知らせたのは、同楽曲のプロデュースを手がけた張本人であり、松浦の配偶者であるw-inds.の橘慶太だった。仕事の合間の息抜きとして流し見していたツイッターだったのに、予期せぬ新情報に理解が追いつかず、しばらく呆然としていた。なんせ松浦が新曲を出すのは、13年ぶりのことなのだ。

「松浦亜弥が、いま新曲を出すの⁉」という驚きの声もあるだろう。アイドル活動時期より彼女の作品を愛聴していた筆者も、一周回ってそのような気持ちを抱いている。まさかこんな日がくるなんて!

この記事の写真を見る(全9枚)

平成を代表するソロアイドル、松浦亜弥

松浦亜弥は2001年に、ハロー!プロジェクトの一員としてデビュー。「桃色片想い」「LOVE涙色」「Yeah!めっちゃホリディ」などを代表曲に持ち、6回に渡る紅白歌合戦への出場など歌手活動のほか、「プリッツ」や「午後の紅茶」「ティセラ」といった商品のCMに出演、ドラマへの出演など幅広く活躍した、まさに平成を代表するソロアイドルだ。

2022年に放送された『ネスカフェ エクセラ 「はずむ気持ち」』は、松浦にとって11年半ぶりのテレビCM出演作品となった

2013年末に行われたハロー!プロジェクトの合同ライブ出演をもって無期限活動休止、活動休止前のラストシングル作品が2009年2月リリースの『チョコレート魂』なのだから、活動再開を心待ちにしていたファンも少なくないだろう。筆者もそのうちのひとりとして、あの歌声に魅了されたことのあるすべての人に、そしてこの度リリースされる新曲「Addicted」で松浦と出会う人のために、彼女の魅力、そのすごさを改めて紹介したい。

衝撃のデビュー作「ドッキドキ!LOVEメール」

「アイドル史に残る名盤は?」「ハロプロがサブスク配信を始めたら何から聴く?」……これらはファン同士での飲み会で時折話題にあがるようなとりとめもない質問だが、私は迷わず「松浦亜弥の1stアルバム!」と答える。聴いた回数も数知れないし、それがゆえにそれぞれの曲に聴いていたときの情景が籠る一作なのだ。