文春オンライン

「仕事で落ち込んだらスイーツ食べ放題!」「失敗したらお祝いする」ビジネスパーソンへ経営学者からのアドバイス

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 働き方, ライフスタイル

忙しく働きながら視野を広げるために何ができるか、仕事で失敗をして落ち込んだときはどうすればスムーズに立ち直れるのか……。ビジネスパーソンが直面する難問に経営学者の入山章栄さんが答える――。

※本稿は、さわぐちけいすけ、入山章栄『経営理論をガチであてはめてみたら自分のちょっとした努力って間違ってなかった』(日経BP)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/takasuu ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/takasuu

経営学的にみて副業は大きな価値がある

副業をする人が増えていますが、本業の合間を縫って他の仕事をするのは、大変なこともありますよね。

でも、経営学的には、副業をやることには大きな価値があります。それは2つの理由からです。

まず、副業をすると、働くことそのものへのモチベーションが高まる可能性があります。現実には、多くの会社勤めの方々は、必ずしもモチベーション高く働けるとは限りません。

これを説明するのに、経営学では「職務特性理論」(Job Characteristics Theory)というものがあります。要は「自分が仕事の全プロセスに関わっている」「仕事の成果が相手の役に立っていると実感できている」「自分のやった成果にフィードバックがある」などの状況だと、人はモチベーションが上がる、というものなんです。いわゆる「仕事の手応え」ですよね。

でも、それなりに大きな企業では仕事の分業化が進んでいるので、社員が「組織の歯車」となりがちで、この手応えがないんです。すると、人はモチベーションを落としていくんですよ。

そう考えると、副業は多くの場合、自分で仕事のプロセスの大半に関われるし、お客さんからの手応えも伝わりやすいですよね。だとしたらモチベーションは湧きやすいはずなんです。

1人でできるダイバーシティ

第二に、僕が経営学者として副業の最大のメリットだと思うのが、「イントラパーソナル・ダイバーシティ(個人内多様性)」が高まることです。ダイバーシティというと「ひとつの組織に多様な人が集まっている」イメージですよね。でも、実はダイバーシティって、1人でもできるんです。いろいろな仕事を通じて知見、能力、経験の幅を広げていけば、自分のなかにそれらの多様性を取り込むことができるからです。