文春オンライン

「上級国民バッシング」と家族にまで向けられる“制裁”…SNSアカウント消去が、デマ拡散の一因に

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

2019年4月、東京・東池袋で2人が死亡、9人が負傷する事故が起きた。この事故の加害者家族に話を聞き、『家族が誰かを殺しても』(イースト・プレス)を書いた阿部恭子さんは「加害者家族は自分が起こした事故のように罪責感に苦しんでいた」という――。(第2回)

※本稿は、阿部恭子『家族が誰かを殺しても』(イースト・プレス)の一部を再編集したものです。

写真=時事通信フォト 東京・池袋で暴走した車にはねられ母子が死亡した事故現場で実況見分する警視庁の捜査員ら=2019年6月13日、東京都豊島区 - 写真=時事通信フォト

「人殺し!」という声が響き渡った法廷

「人殺し……、人殺し!」

2021年2月、東京地方裁判所102号法廷。被告人が退廷している最中、中年女性の声が法廷に響き渡った。被告人席の目の前の傍聴席にいた私は、まるで後ろから矢を打たれたように、一瞬、息が止まる思いがした。「そこの人、発言を控えなさい!」職員が口々に、叫んでいる女性の発言を止めるよう叫び、法廷は一時、騒然となった。

2019年4月19日、東京・東池袋で当時87歳の被告人・飯塚幸三が運転していた車が暴走し、2名が死亡、9名が負傷する大惨事となった交通事故の刑事裁判。私は被告人である彼の目の前の特別傍聴席にいた。被害者とその家族、支援者、そして多数の報道陣が記者席に詰めかける中、私は針の筵(むしろ)に座る思いだった。

毎回、公判期日の前日は一睡もできず、緊張のままその日を迎えていた。重大事件とあって法廷は厳戒態勢が敷かれ、傍聴人の入廷から出廷まで複数の職員が対応していた。私はいつも、何か起きたら助けてほしいとの思いでそばにいる職員を確認し、席についた。

事故を起こした責任を取ると遺書を残して自死した加害者、息子が起こした死亡事故に、自責の念に堪えられず自死した加害者の母親、父親が交通事故を起こして自ら命を絶ち、生活困窮から一家心中を考えたという加害者家族……。交通事故の加害者家族は想像以上に過酷な状況に置かれてきた。

ある日突然、一瞬の気の緩みから人命を奪ってしまった瞬間、「人殺し」「犯罪者」と呼ばれる。突然、重い十字架を背負うことになった加害者家族からは、後悔と無念の思いが語られてきた。