文春オンライン

子どもが従わないので腹を立てる…「不適切保育」をする保育士の信じられない言い分

source : 提携メディア

genre : ライフ, 教育, 社会, 働き方

静岡県裾野市のさくら保育園で保育士3人が暴行容疑で逮捕され、その後も別の園で不適切保育があったことが報道されている。保育園を考える親の会顧問の普光院亜紀さんは「類似した問題行為について相談されることは少なくありません。不適切保育をしてしまう保育者の多くが『しつけ』のつもりだったと言います。それらのケースを見ると、子どもの発達や状態に合わない要求をして、従わないので腹を立てているケースが多いようです」という――。

写真=時事通信フォト 私立「さくら保育園」に家宅捜索に入る静岡県警の捜査員=2022年12月4日午前、静岡県裾野市 - 写真=時事通信フォト

保育園・こども園の「不適切保育」の実際

11月30日、静岡県裾野市のさくら保育園で繰り返された虐待保育の実態が、市によって公表されました。その内容のひどさに衝撃を受けた方も多かったと思います。

筆者は保育園を考える親の会で保育園・こども園に関するさまざまな相談を受けていますが、類似した問題行為について相談されることは少なくありません。

裾野市の保育園の事件は「虐待保育」として報道されましたが、虐待を含め、子どもの人権を侵害し、心身の安全・安心や健やかな育ちに悪影響を与える保育のことを「不適切保育」と呼びます。

保育園を考える親の会にも訴えが届いている「不適切保育」を挙げると、たたく・押す・引っ張るなど子どもの心身に苦痛を与える、恫喝する・怒鳴るなどこわい叱り方で脅す、保育室の外に出す・年齢が下のクラスに行かせる・トイレや押し入れに閉じ込める・食事やおやつを取り上げるなどの罰を与える、食事を無理強いする、容姿などについて子どもを言葉で侮辱するなどがあります。

いずれも体に傷が残らないので、やっている本人も周囲も軽く考えてしまう傾向がありますが、子どもが感じる苦痛や恐怖を想像すれば、明らかな人権侵害に当たります。

心身を脅かすことと「しつけ」は違う

全国保育士会では、「不適切保育」の定義を次のようにまとめています。

① 子ども一人ひとりの人格を尊重しないかかわり
② 物事を強要するようなかかわり・脅迫的な言葉がけ
③ 罰を与える・乱暴なかかわり
④ 一人ひとりの子どもの育ちや家庭環境を考慮しないかかわり
⑤ 差別的なかかわり

関連記事