文春オンライン

発達障害の「こざかなクン」支えるのは“大好きな魚” 向き合う母の葛藤【長崎発】

source : 提携メディア

genre : ライフ, 教育, 社会

 

長崎市に住む高校生の中山波音(はお)くん、15歳(2022年1月当時)は魚に関する知識が豊富だ。そんな彼を周囲は「こざかなクン」と呼んでいる。
「こざかなクン」の日常を追うと、そこには親子の葛藤と支えとなった魚の存在があった。

「こざかなクン」誕生のきっかけは“海外旅行”

お店に並べられた2種類のブリ。「こざかなクン」こと中山波音くんに身の色の違いを聞いてみると…。

中山波音くん:
養殖は脂を付けて太らせるけん、その分、身も白くなるから。でも天然のヤツは生きた魚とかそういうのを食べてるから、あんまり脂がなくて赤っぽい身になる

 

3歳の頃から魚の図鑑を見るのが大好きだった波音くんは、小学生になると近所の魚屋でさばき方を覚え、家で実践するようになった。魚を買い過ぎてお小遣いがなくなり、魚釣りも始めた。

笑顔で魚を持ち上げる幼少の頃の波音くん

お母さんの聡子さんは、勉強や身の回りのことを後回しにしがちな波音くんをどう育てるか悩んでいた。

母・中山聡子さん:
あんまり魚のことを言うから、そんなことはいいから他にやることあるでしょとか怒ってしまうことも正直あったんですね。彼の好きな魚のことを否定しなきゃいけないっていうのが、私自身もつらくなってきて

中山波音くんの母・聡子さん

転機となったのは、家族で出かけた南国フィジーへの旅行だった。

母・中山聡子さん:
こんなに伸び伸び生き生きしてる息子を見たのは初めてかもしれないっていうくらいキラキラ輝いてて、それをまた周りの大人達とかがすごく面白がってくれて。初めて才能の塊に見えた瞬間だったんですよね

南国フィジーでの中山波音くん

魚好きが評判となり、波音くんにイベント出演の声がかかるようになった。中学生の時、初めて人前で魚の解体を披露することに。
この日は老人ホームを訪れた。

中山波音くん(当時中学生):
長崎日大中学校から来ました、中山波音です。みなさん、こざかなクンと呼んでください

 

解体するのは体長60cm、重さ6kgのブリ。50年以上も魚の仲買人をしていたという83歳の男性も、涙を流しながら刺身を味わっていた。